Lazy people's Beet Onion Garlic Pickles ズボラな人のビーツと玉ねぎとニンニ…

Easy 簡単!Simple シンプル!火も使わない!しかもFridge 冷蔵庫の中で何年ももつ(長持ちする)、うちのBeets ビーツとOnions 玉ねぎとGarlic ニンニクのDill ディルPickles ピクルスのRecipe レシピです。漬け込んだRed Vinegar 赤いお酢も使える、Anticancer Effects 抗がん作用、Cancer Prevention ガン予防、Anti Aging アンチエイジング効果、Probiotics プロバイオティクス/善玉菌によるお腹の健康と、そこからの美肌効果のある、Powerful パワフル💪で、色々使えて便利で、深い赤が美しく目にも楽しい一品です Beet Onion Garlic Dill Pickles ビーツと玉ねぎとニンニクのディルピクルスの Recipe レシピです Ingredients 材料: Mason Jar メイソンジャー 946ml/32ozのWide Mouth ワイドマウスのもの1本分 Beets ビーツ 一袋(Baby Beets ベイビービーツが幾つか入って250gのものを使用) Onions 玉ねぎ 1個半~2個分(玉ねぎの大きさによります) Garlic ニンニク 1玉(薄皮に包まれた小さい欠片が10個~くらい集まったもの全部) Sea Salt 海塩 小さじ1杯半(Minerals ミネラルを削ぎ落とされた精製塩ではなく、必ず、Minerals …

続きを読む

Nukadoko made of Bread パンで作るぬか床「パンぬか床」なら海外に住んでいても自分でお漬物が作…

【母直伝】母から伝わる、Bread パンで作るNukazuke ぬか漬け/Nukadoko ぬか床、うちのパンぬか漬け/パンぬか床の作り方とメンテナンスをご紹介。これなら海外に住んでいてもTsukemono the Japanese Pickles/Japanese Fermented Vegetables お漬物が簡単に作れます。これは、私が子供の頃に母が伯母から教わって以来ずっと母が漬けてくれていたお漬物ですので、私にとっては「うちの味」です 結婚したての頃に、海外生活やら遠くで暮らしていたので、母の味が恋しくてこのBread パンで作るBed of Salted Bread Crumbs for pickling パンのぬか床、パン床/パンぬか床(名前は知りません)を作りました。その後いく度かの引っ越しにも耐えてくれたこともあります(低温を維持して移動させること)。お漬物を漬ける時間的な余裕がない時は、お野菜を入れておかなければ結構Fridge 冷蔵庫の中で放っておいても元気にしていてくれますので(私はACV: Apple Cider Vinegar アップルサイダービネガーやら、酵素ドリンクやら、Kombcha コンブチャ=紅茶キノコやら、Yogurt ヨーグルトやら、色々なものをFermented 発酵させてきましたが、菌にとっては余り得意じゃないだろう低温のFridge 冷蔵庫の中でも何だかんだで静かに健気に生き続けていてくれますし、菌は本当に強くて頼もしい存在なのです)、時間…

続きを読む

私のようにズボラでも育てられるSuper Herbs スーパーハーブ(薬草):Mugwort ヨモギ、Horset…

Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)、Mugwort ヨモギ、Horsetail スギナ、Aloe Vera アロエベラ、Rosemary ローズマリー、Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトは、Lazy ズボラな私でも自家栽培でちゃんと育ってくれるPlants 植物ですが、実はそれらはAnticancer Effects 抗がん作用があったり、Malaria マラリアやCOVID19 新型コロナも怖くないほどのSuper Herb スーパーハーブ(スーパーな薬草)なんです。 それぞれの詳しい効果効能は各自で調べて頂いたきたいのですが、私が何年かかけて英語と日本語の文献を読んできた(YouTubeでも多くの博士やお医者さんや専門家の方々が動画を上げて下さっています - 私は主に英語の情報を拾っています)情報の中から究極に簡素化して挙げておきますと、 Horsetail スギナは、Silicon ケイ素(Skin 肌、Hair 髪、Nails 爪にいい)やCalcium カルシウムが含まれ、Anticancer Effects 抗がん作用があるとされます。 Mugwort ヨモギは、Malaria マラリアに効くとされますがCOVID19 新型コロナウィルスにも有効とされます。Anticancer Effects 抗がん作用もあるとされます。 Holy Basil ホーリーバジル/Tulsi トゥルシーは、Ozone オゾンを多…

続きを読む

Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの栽培法と、Sulforaphane スルフォラファンを3…

前回の「Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの栽培法と、Sulforaphane スルフォラファンを3.5倍に増やす方法 2」の続き、今回は「Sulforaphane スルフォラファンを3.5倍に増やす方法」についてです。 Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトのSulforaphane スルフォラファンを最大3.5倍にまで増やす方法の理論的なことは、今回こちらでは説明しませんのでDr. Rhonda Patrick ロンダ・パトリック博士のこちらの動画をご覧になって下さい。 「How To Increase Sulforaphane in Broccoli Sprouts by ~3.5-fold」 ★ Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトのSulforaphane スルフォラファンは、摂氏70℃で10分加熱した所で通常時の3.5倍も濃度が高くなる、ということです。 そしてこのグラフでSulforaphane スルフォラファンに関してのみ言えば、70℃以上の温度ではBroccoli Sprouts ブロッコリースプラウトのSulforaphane スルフォラファンは濃度が下がっていってしまっているので、【70℃】という温度が鍵です。 ★ さて、Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトのSulforaphane スルフォラファンを3.5倍に増やそう。 前回の「Bro…

続きを読む

Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの栽培法と、Sulforaphane スルフォラファンを3…

Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトについては、何年か前にYouTubeで勧められて見た動画で綺麗な50代のお姉さんが自分でBroccoli Sprouts ブロッコリースプラウトを栽培して食べていますと紹介していたので知っていて、その時にBroccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの栽培を私も「やってみたい」とは思ったのですが、当時は日本ではSprouting Lids スプラウト用の網付きの蓋が売っていなくて、わざわざアメリカから買う程のモチベーションもなかったので、何年もそのままになっていました。 「Look Younger By Eating This food Every Day! Anti Aging Secret Exposed | Fabulous50s」 それは、以前に書いたと思いますが、Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)を室内栽培しようと思った時と全く同じで、自分では「その為」と気付かないままに少しづつ準備は整っていっていて、ある時、その準備が整った頃には、「やりたい」「やってみたい」という気持ちはより強い衝動となって湧き上がって来て、その時には自分にも他の誰にもそれを止めることはできず、それは一気に進む事になります。それが自分にとっての「やるべき時」であり、「その時」が来れば全てがその為に流れているかのように物事はスムースに進んでいきます。最初の「やってみたい」の時は、そこまでの強いモチベーション…

続きを読む

Infinite Holy Basil (Tulsi): Scroll to TOP Button ページトップボ…

高校の時に学校の先生に、「授業中にノートに授業内容を書き留める際に、『後で自分が読み返した時に解りやすいノート』を作っておけば、家に帰ってから勉強なんかしなくても、試験でそこそこ良い点数を取れるだろう」と当たり前のことのように言われたので、家に帰ってまで勉強をしたくない私はこれを自分で実際にやってみる事にしたのですが、やってみたら本当に家に帰ってから殆ど勉強しなくても、テストでそこそこ良い点数を取れるようになりました。この、「後で自分が読み返した時に解りやすい」ノートを作るというのはまず自分が理解できていないとできないことなので、授業中にノートを書きながら未来の自分にどう説明したら未来の自分が理解できるだろうと考えながら書く作業となりますから、当然、「わからないまま」授業を受けてはいられなくなる、つまり、授業中に確実に理解していくことになるため、「家で勉強しなくてもよくなる」というのは至極当然と言えば当然の事と言えます。そして、「後で自分が読み返した時に解りやすい」というものは、結局は、誰が読んでも「読み手にとって解りやすい」ということで、これは今も私が文章を書く際に - そうそういつも意識しているわけではなくほぼ無意識的に、しかし - いつも根底にあるものだと思います。しかし、(当時のノートでは、色ペンを駆使した補足や注釈の書き込みが多かったですが、一応解りやすかったのか、先生や友達にはノートを褒められていましたが)それをやると確実に文章が長くなります ハハハ この「Infinite Ho…

続きを読む