Holy Basil ホーリーバジルの為の肥料と土壌改良材そしてBeauty 美容とHealth Benefits…

Holy Basil ホーリーバジルには、Bacillus Natto 納豆菌、Lactic Acid Bacteria 乳酸菌、Yeast 酵母といった有用菌が豊富なLiquid Fertilizer 液肥/液体肥料やSoil Conditioner 土壌改良材となり、人間が使えばBeauty Benefits 美容効果やHealth Benefits 健康効果もあり、更には、Bath お風呂に入れても、Cleaning 掃除に使っても、Cleaning お掃除やBeauty 美容・Health 健康目的などにも便利に使えて、入浴剤のようにBathtub バスタブに入れたりDrainage 排水口に流しても河川の水質を浄化する作用まであるEHIME AI 2 えひめAI 2(読み方は、エヒメ アイ ニだそうです)を、材料は身近にあるものばかりなので早速、Culturing 培養して作ってみる事にしました 以前、PSB: Photosynthesis Bacteria 光合成細菌について調べている時に、Bacillus Natto 納豆菌やLactic Acid Bacteria 乳酸菌はPSB 光合成細菌と相性が良いとどこかで読んだのですが、その時は、具体的にどうしたらいいのか分からなかったので、とりあえず単体でCulturing PSB 光合成細菌の培養をしました。PSB 光合成細菌の培養がWinter time 冬季であったにも拘わらず、Heat Mat ヒートマットとGrow Li…

続きを読む

Holy Basil ホーリーバジルにAmino Acids アミノ酸を: Culturing PSB in Wi…

Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)にAmino Acids アミノ酸を与えたいと思って行きついたのはPSB: Photosynthesis Bacteria 光合成細菌。ある程度の温度(20℃~40℃)と太陽光(またはGrow Lights 植物育成ライトや白熱灯などの強めの光)がある場所で培養することができるPSB 光合成細菌ですが、Mid Winter 真冬にHoly Basil ホーリーバジルの為に設置してあるHeat Mat ヒートマットとGrow Lights 植物育成ライトを利用して、EBIOS エビオスをエサにして培養することができました。2週間の培養の後、培養に成功してDeep Red 深い赤になったPSB 光合成細菌の入ったボトルに、新たにエサを加えてから冷暗所に移して増殖をSlow Down スローダウンさせた状態で保管しています。 Winter PSB Culturing 冬のPSB培養や、PSB 光合成細菌をPlants 植物に対してGardening ガーデニング(園芸・農業)目的で使用するBenefits 効果などについての詳細は、以前の記事「Holy Basil ホーリーバジルにAmino Acids アミノ酸を与えたいと思ったらEBIOS エビオスとPSB 光合成細菌(Winter Culturing 冬の培養)に行きついた💖」を参照してください 「LS Hyindoor 10"x20.75" ヒートマット …

続きを読む

Mid Winter Seeding 真冬に種まきをしたHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥ…

2020年12月と2021年1月にSeeding 種まきをしたHoly Basil ホーリーバジルのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーとOya Tulsi オオヤトゥルシーが(Heat Mat ヒートマットとGrow Lights 植物育成ライトを使っています)、Insect Repellent Screen 虫よけネットを被せているケースの高さに届いてしまい虫よけネットに頭をぶつけるようになったので、Top Pinching 摘心することにしました。屋外がHoly Basil ホーリーバジルの栽培適正温度(気温が15℃を下回らなくなる頃)で安定するのをCoco Peat Substrate Board ピートバンの中で待っています。 こちらのMid Winter 真冬生まれの小さなHoly Basil ホーリーバジルのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーとOya Tulsi オオヤトゥルシーと、加えて、NOT Holy Basil ホーリーバジルではありませんがKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーやOya Tulsi オオヤトゥルシー同様またしても私の好きな「Purple 紫色」を特徴に持つDark Opal Basil ダークオパールバジルのSeeding 種まきから現在までの様子は:  「Holy Basil Mid Winter Seeding ホーリーバジル真冬の種まき: Heat Mats ヒートマットとCoco Peat Substr…

続きを読む

Hydroponic Hoy Basil 水耕栽培のホーリーバジル:Sponges スポンジの白いモフモフや黒いカ…

Hydroponics/Water Culture 水耕栽培のHoly Basil ホーリーバジルやDark Opal Basil ダークオパールバジルのSponges スポンジに、White Fuzz 白いモフモフが生えていたり、Black Mold/Fungus 黒いカビのような汚れが浸み込んでいたり、Algae 藻のようなものが付いていたりした際に、初めはSponges スポンジを新しい物に換えていたのですが、Sponges スポンジには既にRoots 根が入り込んでいたりするのでその度にPlants 植物を痛めつけるのが心苦しいと感じていました。Fungus 菌類は奥の方に根を張るので、洗ったくらいでは完全に取り除くことはできませんし(目には見えない状態で残ることもできますし)、空気中にも存在しているので繰り返すことにはなりますが、とりあえずはRunning Water 流水で洗うと落とせることが分り、Sponges スポンジを頻繁に取り換える必要がなくなりました ★ 2月17日: Hydroponics/Water Culture 水耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジル(2021年1月生まれ。Seeding 種まきから41日目。現在、水耕栽培に必要なFertilizer 肥料はHyponica ハイポニカを使用 No Heat Mat ヒートマットなどは使用しておらず、明け方の一番寒い時間帯でもなるべく20℃以上を保つようにRoom Temperatu…

続きを読む

Holy Basil ホーリーバジルにAmino Acids アミノ酸を与えたいと思ったらEBIOS エビオスとP…

ある動画で、Ajinomoto 味の素(MSG: MonoSodium Glutamate グルタミン酸ナトリウム)でAmino Acids アミノ酸をSoil 土に与えるとPlants 植物の葉の色が良くなると教えて下さっていたのですが、使用量に気を付けないとSalt Damage 塩害になるということでしたので何か他の方法をと考えていたら、うちに人間とCat 猫の健康の為に常備してあるEBIOS エビオスに豊富なアミノ酸が含まれていることに気付きました。そこでPlants 植物にEBIOS エビオスを与える事について調べていたら、PSB: Photosynthesis Bacteria 光合成細菌 (または、Purple Non Sulfur Bacteria 紅色非硫黄細菌) をPlants 植物に与えるといいという事が分かり、そのPSB 光合成細菌をPlants 植物のImmunity 免疫力をアップするBeer Yeast/Brewer's Yeast ビール酵母(そのビール酵母がAmino Acids アミノ酸や、Vitamin B ビタミンB群、食物繊維、ミネラルを含む)で作られているEBIOS エビオスで培養できることが分りました。PSB培養に向かないとされるMid Winter 真冬にも拘わらず早速PSBの培養を開始し、Winter PSB Culturing 冬のPSB培養に成功。PSB 光合成細菌をFertilizer 肥料 & Soil Conditioner 土壌改良材と…

続きを読む

Holy Basil Home Seed Raising ホーリーバジルの自家採種: 屋外栽培のOya Tulsi…

Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てていたHoly Basil ホーリーバジルのOya Tulsi オオヤトゥルシーの、Home Seed Raising 自家採種の為に最後1本だけ残しておいたSpike 花穂を、ついにカットして収穫しました。2020年の終わりにはCold Wave 寒波がやってきて明け方にはAir Temperature 気温が氷点下になる日も多くありました 年が明けて2021年に入っても更なる寒波がやってきて最高気温でも10℃を割り込み最低気温はBelow the freezing point 氷点下というとても寒い日が続きました 「気温が15℃を割り込む環境では栽培できない(「10℃以下ではバジル類は枯れる」とも)」とされるHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)であるにも拘わらず、何度も何度も氷点下を耐え抜いてくれて、本当にここまで随分と頑張ってくれました 前回、このPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育っているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんについて書いた記事は「12月中旬のOutdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジル、Insect Repellent Screen …

続きを読む

Wintering 越冬/冬越し中のHoly Basil ホーリーバジル: Krishna Tulsi クリシュナ…

Holy Basil ホーリーバジルのシーズンも秋になり終わりに近づいた9月29日にKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種をPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢に蒔き、そのまま室内栽培で育ててきましたが、(昨年2020年)11月26日のThanksgivingの日にあるハプニングを切欠に急遽Hydroponics/Water Culture 水耕栽培に切り替えることになりました。それから11月、12月、そして1月とHydroponics 水耕栽培故にFungus Gnats キノコバエ(コバエの一種)とも無縁で、しかし水耕栽培用のFertilizer 肥料は中々合うものと出会えず「肥料ジプシー」しながらもやっと合うものに出会い、一進一退しながらゆっくりでも着実に成長してくれて、あの小さかったKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーのSeedlings 苗は種を蒔いてから100日を迎えました この秋蒔きのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーのSeedlings 苗のもっと小さかった頃については、 「Autumn 秋だけど、Krishna Tulsi Seeding クリシュナトゥルシーの種を蒔いちゃいました 🌱💞🙌」 「Autumn Seeding 秋まきのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー、今のところ問題なくWintering 越冬/冬越し & 成長中 🌱👼」 にありま…

続きを読む

Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんが教えてくれたこと: Holy Basil ホーリーバジルのSoil …

今年7月にHoly Basil ホーリーバジルを育て始めて、途中Acidity 酸度の強い土(鹿沼土ベースの「虫のわかない土」)を酸度が高い土であるとは知らずに「虫のわかない土」という文言に飛びついて買ってしまい、それを途中から混ぜた事でKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーもOya Tulsi オオヤトゥルシーもPurple 紫色が出なくなったり、折角Germination 発芽時に使っていた「ハンギングの土(Mild Acidity 弱酸性)」と「赤玉(Mild Acidity 弱酸性)」のブレンドで出ていたPurple 紫色も退色してしまいGreen 緑色になってしまったりして、その経験からAcidic Soil 酸性の土はHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)のPurple 紫色を出なくしてしまうと学びました。それから、「鹿沼土という殊更にAcidity 酸度の強い土」がベースになっている「虫のわかない土」をAlikalize アルカリ化するために、Organic Lime Fertilizer 有機石灰を用いて中和~アルカリ化し、その後はOya Tulsi オオヤトゥルシーにもKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーにもPurple 紫色が戻ってきてくれました💜(Soil 土をAlkalize アルカリ化したことで思いがけず、それまで何をしても居なくならなかったFungus Gnats キノコバエ/コバエが居なくなるという効果までありました …

続きを読む