Wintering Krishna Tulsi 越冬/冬越し中のクリシュナトゥルシーもSunlight 太陽光の代わりのGrow Lights 植物育成ライトでPurple 紫色に 🌿💜💡

Holy Basil ホーリーバジルKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーOya Tulsi オオヤトゥルシー)のPurple 紫色には、Alkaline Soil アルカリ性の土、またはAcidic 酸性に傾きすぎていない土である事が必要であることはこの夏の経験で学んだことですが、それに加えて、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーPurple 紫色には充分なSunlight 太陽光が必要であると言われていました 🌿💜Sunny Sun iconKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーは30℃を超えないとSeeds を付けないとも)。Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーWintering 越冬/冬越し中はPurple 紫色が薄くなりGreen 緑色が優勢になるがまた春になり屋外でSunlight 太陽の光を浴びるようになるとPurple 紫色が復活するとの事でしたので(どちらもKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーWintering 越冬/冬越しさせもう7年以上も栽培している方の所で教えて頂きました。リンクは右サイドバーに入れてありますのでご自由にどうぞ)、Wintering 越冬/冬越し中の今は余りPurple 紫色のことを気にしていなかったのですが、Grow Lights 植物育成ライトでもちゃんとKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーPurple 紫色が出現しました 🌿💜Light icon

★ 11月21日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー(Germination 発芽用Egg Case 卵ケースで発芽後、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢にSettled Planting 定植。置き型。完全室内栽培。日中は窓辺のSunlight 太陽光、夕方から翌朝まではGrow Lights 植物育成ライトを浴びている。定植時には既にPurple Leaves 紫色の葉を持っていたもの。Wintering 越冬/冬越し中)。

Holy Basil Tulsi Nov 21 2020 21 - The Last Krishna Tulsi 2020 Evening

11月6日に一回り大きい2LのPet bottles ペットボトルPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢を作り、より大きな鉢に換えてあげようとTransplanting 植え替えをして、Soil 土も以前とは少し変わったので(Bellabon ベラボンとMillion ミリオンが混ざった)、Oya Tulsi オオヤトゥルシーは新しい土に自身をAdjust アジャストするのにちょっと大変だったみたいですが(これについては現在も様子見中なので、後日改めて書きます)Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーたちはどの子も新しい土の配合も全く意に介さず、元気に育ってくれています 🌱

そこでこの写真の後に、急に思い立ってTop Pinching 摘心をしました ✂

★ 11月21日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー(Germination 発芽用Egg Case 卵ケースで発芽後、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢にSettled Planting 定植。置き型。完全室内栽培。日中は窓辺のSunlight 太陽光、夕方から翌朝まではGrow Lights 植物育成ライトを浴びている。定植時には既にPurple Leaves 紫色の葉を持っていたもの。Wintering 越冬/冬越し中)。

Holy Basil Tulsi Nov 21 2020 22 - The Last Krishna Tulsi 2020 Evening

Top Pinching 摘心前の身長(高さ)はこの位。11月はOutdoor Holy Basil 屋外栽培のものもIndoor Holy Basil 室内栽培のものもOya Tulsi オオヤトゥルシーくんたちがFlowers 花を咲かせてFlowers Seeds のことや、屋外栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシーたちはこれ以上寒くなってLeaves 葉がダメになる前にと急遽Harvest 収穫したりで、バタバタしていたのもあって伸び伸びになっていましたが、もっと早く摘心しても良かったくらいだと思っています。

Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーたちの、今回のSoil 土の配合を変えた植え替えに対して自身をAdjust アジャストする為に払った代償は、一番下のLeaves 葉2枚づつくらいで済みました(今までは、Oya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーもSoil changing 土の入れ替えの後にもこのような変化はなかったのですが、今回は何が原因だったのかはまだ特定できませんが、Oya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーも葉を失いました:しかし、Nature finds a way 自然は必ず道を見つけ出すので、「Bloom where you're planted 植えられた場所で咲きなさい」=どんな環境であろうと・どんな状況になろうと、あるがままを受け入れて、それこそが「今ここの完璧である」と知り「それでいい」とCalm 心穏やかにHappy 幸せでいること、という言葉があるように、Oya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーも、何とか与えられた環境に対して自身を調整して【与えられた環境で生きる】という、あるべき在り方を見せてくれています Folded Hands Appreciation Prayer Namaste icon

ちなみに、真ん中くらいから上の方のLeaves 葉が破れているのは、うちのCat が時々齧ったり食べたりしているからなので、植え替えや土の配合が変わったこととは関係ありません Pink Cat Winking Icon.gif

以前、「うちの猫がHoly Basil ホーリーバジルKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーを噛んだ&食べた!けど君が健康で幸せならそれでいい🌿🐱💕」でも書きましたが、Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOutdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジルのうち、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーは同じ鉢に植えられている2株のうち、小さ目に育っていた方のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーのStems 茎には、Soil 土のAlkalize アルカリ化以降にはPurple 紫色が出ていたのですが、より大きく育っていた方の株は最後までGreen 緑色のままでした。そして、このIndoor Krishna Tulsi 室内栽培のクリシュナトゥルシーもつい最近まで、(Settled Planting 定植して暫くは、左側のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの方が定植前に葉を落としてしまっていたため小さかったのですが、Menedael メネデール Menedael Icon を与えるようになってから一度、左右のサイズ/成長度合いは同じくらいになり、その後、Hyponex ハイポネックス微粉 Hyponex Micro Powder Bifun Icon.gif を与え始めた頃に、元々は小さかった左側の方が急に大きくなり始めました。今これを書くために該当記事を遡って確認したら、まぁ、随分と大きくなってくれたものだと感心します Clapping Cat Icon.gif)こちらは逆に大きく育ってくれている方のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーにはStems 茎にPurple 紫色が出ていて、小さ目の株の方のStems 茎にはPurple 紫色が出ていないと思っていたので、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーは鉢に2株植えるとどちらかがPurple 紫色になれないという決まりでもあるのかと思うくらい不思議に思っていました(地植えや自生で群生していたり、プランターで数株植わっていても、皆Purple 紫色になっているものなので、そんな決まりはないと思いますが Giggle Icon 22.gif)。

ところが、最近になってこの室内栽培のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーに関しては、2株一緒の鉢に植えてあっても、今までPurple 紫色が出現していなかった2本目にも遅ればせながらやっとPurple 紫色が出現していることが分りました(厳密に言えば、Settled Planting 定植前はどちらもPurple Leaves 紫色の葉を持っていたので、Purple 紫色が初めての出現したわけではなく、Soil 土のAlkalize アルカリ化を経てPurple 紫色が戻って来たという感じです)。

ちなみに、屋外栽培で虫よけネットの中で育った2株のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーはもう屋外がKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーには生きづらいくらいにLow Temperature 気温が低くなった事と、その為Harvest 収穫してしまった事もあり、観察も実験もままならない状態になってしまいましたので、そちらについてははっきりとしたことは今の時点では言えませんが、「Soil 土のAlkalize アルカリ化」から、生きることが難しくなるくらいに「Low Temperature 気温が低くなる」までの時間が足りなかったせいで同様の変化が見られなかった可能性もありますが、それは来年、今年よりも早めにSeeding 種まきをし、初めからAlkaline Soil アルカリ性の土で育ててみて実験してみるまでのお楽しみです Grining Face with Star Eyes Star Struck icon

Cherry Blossom Spinning Icon.gif 「屋外栽培のHoly Basil ホーリーバジルのうち、より寒さに弱いKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの葉を収穫しました ⛄🌿🙏

Cherry Blossom Spinning Icon.gif 「Outdoor Krishna Tulsi 屋外栽培のクリシュナトゥルシー、10月下旬の気温にそろそろFinale フィナーレかも 🍂👋

★ 11月24日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー(Germination 発芽用Egg Case 卵ケースで発芽後、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢にSettled Planting 定植。置き型。完全室内栽培。日中は窓辺のSunlight 太陽光、夕方から翌朝まではGrow Lights 植物育成ライトを浴びている。定植時には既にPurple Leaves 紫色の葉を持っていたもの。Wintering 越冬/冬越し中)。

Holy Basil Tulsi Nov 24 2020 27 - Purple of Krishna Tulsi needs Sunlight as well

こちらの完全室内栽培のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーは、最近までずっと私にはこのような状態に見えていましたので、片方はStems 茎にPurple 紫色が出現しているのに、もう片方はGreen 緑色のままだと思っていました。とは言え、一番下の方のLeaves 葉にはどちらもPurple 紫色が薄っすらと出始めていました。Hanging ハンギングで育てているKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんは、Acidic Soil 酸性の土が混ざっているPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢に定植された後しばらくの間、Leaves 葉のPurple 紫色を失くしましたが、真ん中のメインのStem 茎にはPurple 紫色を保持し続けていたのですが、その時は、Leaves 葉にはPurple 紫色がなくなっていましたので、私としてはStems 茎にPurple 紫色が入るのが先で、そこからLeaves 葉の方へとPurple 紫色が広がっていくと思っていたので、こちらの、置き型のPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢で完全室内栽培のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの一番下の方のLeaves 葉にPurple 紫色が出ているのなら、Stems 茎にもPurple 紫色がある筈なのですが、Wintering 越冬/冬越し中で外にSunbathing 日光浴にも行けなくなっていますし、Purple 紫色のことはあまり考えていませんでしたので、そこに気付いてませんでした。

また、10月の終わりから11月はずっとつい最近までOya Tulsi オオヤトゥルシーが花盛りでその事え忙しくしていましたので、土の配合を変えても元気にしていてくれたKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの事はKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーに任せておけば大丈夫と、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーたちをゆっくり観察する時間がなかったことも、気付くのが遅れた要因でもあります。

まぁ、起こる全てはInevitable 必然であり、起こる全ては起こるべき時に起こるべき形でPerfect 完璧に起こっていますので、どんな理由であれ私が気付いた時が、気付くべきPerfect 完璧なタイミングであったということですので、何もWrong 間違いもFailure 失敗もWaste 無駄もProblems 問題もなく、起こった/起こっている全てが「それでいい」のです Lotus Flower Icon.gif

★ 11月24日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー(Germination 発芽用Egg Case 卵ケースで発芽後、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢にSettled Planting 定植。置き型。完全室内栽培。日中は窓辺のSunlight 太陽光、夕方から翌朝まではGrow Lights 植物育成ライトを浴びている。定植時には既にPurple Leaves 紫色の葉を持っていたもの。Wintering 越冬/冬越し中)。

Holy Basil Tulsi Nov 24 2020 26 - Purple of Krishna Tulsi needs Sunlight as well

ある夜、完全室内栽培で置き型のHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)の傍でCat と戯れていて、「あれ?」と思ってこちらのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーをよく見てみると、私からはいつもあまり見えない方のStem 茎がPurple 紫色になっている事に気付きました。その状態を見てみると、Grow Lights 植物育成ライトも窓辺でのSunlight 太陽の光もよく当たる方がPurple 紫色になっていて、Grow Lights 植物育成ライトにしろSun 太陽にしろ日当たりのあまり良くない側はまだGreen 緑色(もしくはPurple 紫色がまだごくごく薄い状態)であったのです。

夏の間は朝になると置き型のPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢を一つづつSunlight 太陽光の当たる窓辺に運んでいたのですが、秋になりAir Temperature 気温が下がってきた為に、To keep them warm 保温の為にiHerb アイハーブの小さ目のCardboard 段ボールの箱に置き型で完全室内栽培のHoly Basil ホーリーバジルたちをまとめてあり、窓辺へ運ぶ際もGrow Lights 植物育成ライトの下に運ぶ際も、箱に入れたまま一纏めで運び、そこから出すのは毎日の記録の為に写真を撮る時だけでした Camera Icon.gif 夏の間は、窓辺に置く時もPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢の向きを変えたりしていましたが、今は箱ごと置いているのでほぼ向きが変わることはありません(小さいPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢も入っているので向きを変えるとそちらに日が当たらなくなるのでどうしても自ずと方向が決まってしまっていたのです)。どうやらその事が原因で、半分だけPurple 紫色で残り半分はまだGreen 緑色という状態になっていたようです 💜💚

ただ、この件に関しては、Hanging ハンギングのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんのケースでStems 茎からLeaves 葉に徐々にPurple 紫色が広がっていったように、日当たりの良い方からPurple 紫色が出現して、それはやがて茎の反対側にもLeaves 葉にも広がっていくのではないか(Sunlight 太陽光なりGrow Lights 植物育ライトなりの光がある程度確保できている限り、問題ないのではないか)と考えています Raising Hands Icon.gif




SINJIAlight 植物育成ライトLED 120w相当 暖色系 太陽のような光 フルスペクトル
180個LEDチップ E26口金 水耕栽培用ライト 室内栽培 家庭菜園 (2個)

ここから購入できます Kira Kira icon

私が購入した時には複数回追加購入しましたがその度に2個で4999円した(この数字は購入を検討する際の指標としてご活用ください); Amazonはアマゾン本体も含めて値段が頻繁に変動するお店の多い場所ですので、購入を検討しているものは一度お気に入りに入れてコメント欄にその時の値段を書き留めておくと底値や相場が見えてきますし、値段の変動のないどっしりと構えたお店もありますので、そうした安定した信頼に足るお店を見極めるにも、お気に入り内のコメントに値段を書き留めておくことは役立ちますよ Light icon

海外からこのブログを読んでいらっしゃる方や海外に住所をお持ちの方は、「PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢で完全室内栽培中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーにキノコ生えた」の記事でも書きましたが、海外のHoly Basil ホーリーバジルのコミュニティーでおススメされていた「Spider Farmer SF1000 Grow Light 植物育成ライト スパイダーファーマー SF1000」をどうぞ↓

Spider Farmer SF1000 SPIDER FARMER LED Grow Light Dimmable SF-1000

SPIDER FARMER LED Grow Light Dimmable SF-1000
Grow Lights Compatible with Samsung LM301B Diodes & MeanWell Driver
Grow Light Full Spectrum for Indoor Plants Veg Flower Growing Lamps
植物育成ライト スパイダーファーマー SF1000

注意:こちらの商品は日本の住所に発送できません)ここから購入できます Kira Kira icon


Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)を室内栽培、または室内でWintering 越冬/冬越しさせる上で、Grow Lights 植物育成ライトは本当に購入しておいて良かったものだと言えます; 以前にも書きましたがうちは、東南に向きながら近隣の建物との兼ね合いで日照時間が短いので、以前は植物の鉢の土がカビて慌てて鉢を外に出したり、強い植物でさえ徐々に弱っていってしまったりしていたので、室内では植物は育てられないと諦めていたのですが、今年Cat の「日向ぼっこ」による「Vitamin D ビタミンDAnticancer とも戦えるほどのImmunity 免疫力を齎す)」の為にGrow Lights 植物育成ライトを設置することを決め、それを機に「Grow Lights 植物育成ライトがあれば室内でHoly Basil ホーリーバジルWintering 越冬/冬越しさせられるのでは?」という考えに至り、Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)を育てる事に踏み切ったのですが、今年の7月の長梅雨の頃も、真夏も、秋である今も未だにSoil 土の表面にMold/Fungus カビが生えることも起きていませんし、Temperature 気温が下がる季節になっても11月下旬の今もHoly Basil ホーリーバジルたちは何だかんだで元気にしていてくれていますし、それを支えている要素としては、もちろん、Iouseki 医王石の水(Alkaline アルカリ性)を使っている事や、Air Conditioner エアコンを24/7点けっぱなしにしていることなど(=植物の土がカビてしまったりしていた頃と異なる条件は)Grow Lights 植物育成ライトの他にもありますが、その一つに間違いなくGrow Lights 植物育成ライトが挙げられます Light iconYuki likes you icon.gif

徐々に増えていき今では(人間用も含めて)5つのGrow Lights 植物育成ライトを設置しているのですが、Soil 土とPlant Grow Lights 植物育成ライトはいくらあってもまた欲しくなりますね Blowing a kiss icon.gif

本物のSun 太陽に比べたらGrow Lights 植物育成ライトは「小さな太陽」だとは思いますが、それでもちゃんとKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーを初めとするうちの室内栽培のHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)たちに必要なものを与えてくれているようですので、Holy Basil ホーリーバジルWintering 越冬/冬越しの強い味方として、これから冬の間もしっかりとHoly Basil ホーリーバジルたちにGrow Lights 植物育成ライトの「小さい太陽」を浴びさせていこうと思います Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon