10月のHoly Basil ホーリーバジル: 屋外栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシーとKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー 🌿🌿🌞

屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの10月現在の様子です。

★ 10月6日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーがの背が伸びてInsect Repellent Screen 虫よけネットで出来た空間の天井にもうすぐ頭がぶつかりそうだったので、CS Pot スリット鉢の奥底までしっかり挿し込んであった支柱を少し引き上げて土から出し、支柱のの高さをできるだけ高くしました。

Holy Basil Tulsi Oct 6 2020 8 - Oya Tulsi with Anti Bug Screen Needed Height for Spikes

これ以上支柱を引き上げようとすると、アーチ状にして土に差してある支柱のカーブに押された土が盛り上がったり表面が割れたりしたので、Soil 土が支柱を抑えられるギリギリの深さまでしか引き上げることができず、5cmほどだけ高さを稼いだ感じです。今回1本ずつ購入できる支柱は現在使っているこの支柱だけだったので(多くのお店がまとめ買いを前提にしていて、個人でガーデニングを楽しむ規模ではない量での販売なので困っていましたが、こちらのお店だけが単品で販売して下さっていました)こちらの150cmのものを購入しましたし、Holy Basil ホーリーバジルを育て始めた頃はそれで充分だと感じていましたが、Seeding 種まきから3か月目には150cmの支柱をアーチ型にして設置した高さでは足りなくなりましたので、同じ支柱の2mのものを1本づつ購入できるところがあるといいのですが…




【かぶせて留めるだけのチューブ型防虫ネット】
【細かい目合いで小さな虫もシャットアウト】
【無農薬・低農薬の強い味方】

【防虫ネット チューブ(L)】【1枚入】
【約周囲170cm×高さ120cm(網目約1mm目)】
【白メッシュ/銀糸入り/透光率90%/虫よけネット】

ここから購入できます Kira Kira icon





マルソル 虫よけちゅーぶ 1.3m × 3m 銀糸入り 防虫用品
ここから購入できます Kira Kira icon





樹脂ポール 径4.5mm×長さ150cm
(トンネル栽培 アーチ支柱 アーチ型支柱 接続部材 部品 パーツ 農業資材 園芸用支柱
農業用 園芸支柱 家庭菜園 園芸用品 トンネル支柱 耐久性 軽量 防腐 防錆)

ここから購入できます Kira Kira icon


★ 10月12日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーFlower Bud 花芽

Holy Basil Tulsi Oct 12 2020 9 - Oya Tulsi with Insect Repellent Screen Morning

日に日に存在感を増しています。

★ 10月12日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーFlower Bud 花芽

Holy Basil Tulsi Oct 12 2020 8 - Oya Tulsi with Insect Repellent Screen Morning

支柱を持ち上げて、Insect Repellent Screen 虫よけネットの空間の高さを稼いだ筈なのに、もうOya Tulsi オオヤトゥルシーくんのFlower Buds 花芽の写真を撮ろうとすると、支柱が近すぎて非常に撮りづらくなっています。

★ 10月8日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーの葉の裏のPurple 紫色

Holy Basil Tulsi Oct 8 2020 18 - Oya Tulsi with Anti Bug Screen Purple Morning

Acidic Soil 酸性の土をOrganic Lime Fertilizer 有機石灰などでAlkalize アルカリ化した後、Oya Tulsi オオヤトゥルシーの葉の裏にはPurple Dots 紫色の斑点が出ましたが…

★ 10月8日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーの葉の裏のPurple Dots 紫色の斑点

Holy Basil Tulsi Oct 8 2020 20 - Oya Tulsi with Anti Bug Screen Flower Buds and Purple Fading

Flower Buds 花芽Flowers を咲かせてSeeds を残すこと)に栄養を取られているのか、Flower Buds 花芽に近い方の葉っぱからPurple 紫色がFading 退色していっています

★ 10月8日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーFlower Bud 花芽のすぐ下の葉っぱは、充分に大きい葉っぱでももう殆どPurple 紫色がない

Holy Basil Tulsi Oct 8 2020 19 - Oya Tulsi with Anti Bug Screen Flower Buds and Purple Fading

Flower Buds 花芽を付ける: Flowers を咲かせる事、そしてそれによってSeeds を付ける事、即ち、Offspring 子孫を残すことというのは、母親が子供を身ごもって産む時と同じで、母体は自分の中のあらゆるものを新しい命に持たせてあげようとして擲ってしまうものなのだな… と、Offspring 子孫を残すということが如何に母体/自分の身を削って行われる大仕事であるかを、再認識せずにはいられません。

★ 10月9日:
10月6日(3日前)に支柱を持ち上げて、Insect Repellent Screen 虫よけネットの中の空間の高さに余裕を持たせたのに

Holy Basil Tulsi Oct 9 2020 9 - Oya Tulsi with Insect Repellent Screen Morning

10月12日(高さを調節してから6日)には、もう一番高い位置のFlower Bud 花芽が天井に付きそうです。150cmの支柱をアーチ状に折り曲げて差してあるので、地面からは75cm弱位で、10月6日に5㎝づつくらい土から引き上げて高さを稼いだので、80cmくらいはあると思うのですが(Holy Basil ホーリーバジル自体の身長としては、直径18cmのスリット鉢/Soil 土の高さを20cmくらい差し引いて60cmくらいでしょうか)、このままでは花芽が伸びるための空間が足りなそうなので、10月も中旬に差し掛かりHoly Basil Season ホーリーバジルシーズンの終わりも近そうですが、今更ながらもう少し高めの支柱を買おうか(どうせ来年以降も使えますし)、という感じです。

Holy Basil Season ホーリーバジルシーズンが終わりそうだなどということは、彼らHoly Basil ホーリーバジル自身には関係のない事で、彼らはいつでも、【Here Now 今ここを生きること】に全力を投じているのですから、その全力に「もう季節も終わりだし」などとStingy ケチくさいことは言いたくありません: 今の私にできることを淡々とやっていくだけです。




リング支柱 90cm
ここから購入できます Kira Kira icon


★ 10月12日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー(どちらもSky High スカイハイ)

Holy Basil Tulsi Oct 12 2020 11 - Krishna Tulsi with Insect Repellent Screen Morning

Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)は大きくなるのかしら?

手前に少しだけ見えている奥のOya Tulsi オオヤトゥルシー3号くんや手前の屋外生まれ屋外育ちのOya Tulsi オオヤトゥルシーくんとの大きさの違いは段違いです。

★ 10月12日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーたちの間にDifferences 差が出てきます

Holy Basil Tulsi Oct 12 2020 12 - Krishna Tulsi with Insect Repellent Screen Morning

支柱の高さ調節をした頃から、左側の小さい方のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーのStem 茎がPurple 紫色になっています。大きい方のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーのStem 茎はまだGreen 緑色ですから、大きいからといってPurple 紫色になりやすいというわけでもなさそうです。同じCS Pot スリット鉢の中に植わっているので、Soil 土や風通しや日当たりといった条件はほぼ同じと考えていいと思うけれど、何がこの二つを分けているのか: Acidic Soil 酸性の土をOrganic Lime Fertilizer 有機石灰でAlkalize アルカリ化したり、Alkaline アルカリ性のBeet Broth Fertilizer ビーツの煮汁で作る肥料などを与えてきたけれど、大きい方のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーにとってはまだNutrients 栄養が足りていなくて、小さい方のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーには徐々に足りてきているということでしょうか?

今の私の疑問は、Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネット/防虫ネットをかけたHoly Basil ホーリーバジルPollination 受粉はやはり、私が意図的に花と花をくっつけて行う必要があるのか、ということです。それとも、風が運んでくれたりするのでしょうか… Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon