Holy Basil Mid Winter Seeding ホーリーバジル真冬の種まき: Heat Mats ヒートマットとCoco Peat Substrate Boards ピートバン 🌱🍵⛄

Hydroponic System 水耕栽培の装置を新しく作ればSeedlings 苗が欲しくなる。新たにHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種が手に入ればSeeding 種まきをしたくなる。そんな自然な成り行きで、Mid Winter 真冬にも拘らずHoly Basil Seeding ホーリーバジルの種まきをすることにしました。初めは基本に立ち返ってGermination 発芽用Egg Case 卵ケースから。そしてHeat Mats ヒートマットCoco Peat Substrate Boards ピートバンも試してみました。

★ 12月7日(2020):
Preparation for Seeding 種まきの準備をします。Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種は、種まきの前にWater 水に浸して、種の表面にJelly ジェリー状の被膜が出てくるのを待ちます。水に浸けておく時間は10分~15分とおっしゃる方もいらっしゃれば、1時間とおっしゃる方もいらっしゃるし、一晩とおっしゃる方もいらっしゃり、私はどれもやってみましたがどれも問題なく発芽しましたので、その辺は大体でいいと思います。

Holy Basil Tulsi Dec 7 2020 5 - Seeding Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal

India インドの方のHoly Basil ホーリーバジルSeeding 種まきを見ていると、立ち枯れ状態のHoly Basil ホーリーバジルからSpikes 花穂をカットして、用意した新しい鉢に直接Holy Basil ホーリーバジルのSpikes 花穂を手でしごいてSeeds を落とし、その上から水やりをしてSeeding 種まき完了というとてもシンプルでNature 自然に近い方法で種まきをしていらっしゃるので(こぼれ種からも発芽するわけですから)、水に浸しておく工程は省いてもいいのかも知れません(ただし、水やりは充分かつ、種が乾いてしまわないように注意した方がいいと思います)。

★ 12月8日:
Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種の表面に白っぽいJelly ジェリー状のものが出てきたら、Seeding 種まきをします。Soil 土はあらかじめSpray スプレーなどで充分に湿らせておきます。

Holy Basil Tulsi Dec 8 2020 1 - Seeding Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal

Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種は、Germination 発芽にLight 光を必要としますので、Seeds 種をスプーンなどで水から掬い上げてスプーンの中に種と一緒に入って来た水と一緒にで構わないのでSoil 土の上にそっと置いたら、そのままSoil 土は被せずにおきます。土を被せないので乾燥には注意して、ここから1日に2回(朝と夕または夜など)、Spray スプレーで水やりをします。

Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種の周りに出たJelly ジェリー状のものが、Soil 土の粒にくっついて場所は次第に固定されていきます。とは言え、ペットボトルからドバドバと水を灌ぐような水圧がかかると土ごとSeeds は流れてしまいますので、Spray スプレーで優しく水やりをします。

★ 12月18日:
今までになくGermination 発芽までに時間がかかっていたので、とりあえず余っていたHeater for Pets ペット用ヒーターの上にSeeds 種の入ったEgg Case 卵ケースを置いてみました。しかし、ペット用ヒーターは、Animals 動物には低温やけどを起こしにくい最適温度になっていますが、このMid Winter 真冬にPlants 植物を温めるには温度が充分じゃないようです。

Holy Basil Tulsi Dec 18 2020 5 - Heater for Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal

上からはGrow Lights 植物育成ライトの光を当てているので、保温の為にと上から蓋をすることはできないため、結局Heater for Pets ペット用ヒーターではGermination 発芽用Egg Case 卵ケースは充分温めることができませんでした。

★ 12月21日:
Heater for Plants 植物用ヒーターHeat Mats ヒートマットを購入してあったので、それをGermination 発芽用Egg Case 卵ケースに使うことに。(Seeding 種まきから13日目)

Holy Basil Tulsi Dec 21 2020 5 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 13)

Heat Mats (Heater for Plants/Plant Warmers) ヒートマット植物用ヒーター/植物保温器具)は、ペット用ヒーターよりも温度が高くなります。その為、注意書きには「Grow Lights 植物育成ライトと一緒に使わないこと」や「Heat Mats ヒートマットを使用する際に、箱などの容器に蓋をしないこと」などがあったと思いますが、うちは東南に向いていますが日照時間が短いので室内栽培ではGrow Lights 植物育成ライトは欠かせませんし、Wintering 越冬/冬越しの期間中は特に屋外の気温がHoly Basil ホーリーバジルには低すぎる為、日中Sunbathing 日光浴に出すこともできないためGrow Lights 植物育成ライトは更に重要になります。ましてや、Germination 発芽用Egg Case 卵ケースの中のSeeds 種や小さなBuds 芽の状態では私は屋外になど出したことはなく、朝から夕方までは窓辺から入るSunlight 太陽の光と夕方から翌朝まではGrow Lights 植物育成ライトを使用してきましたので、Heat Mats ヒートマットを使用し始めたからと言ってGrow Lights 植物育成ライトを外すわけにはいかないので、ここは自己責任で、温度が上がりすぎないようにGrow Lights 植物育成ライトとの距離があまり近くなり過ぎないようにして、Temperature 温度が上がり過ぎていないかこまめにチェックしながら(気温が高めで、Heat Mat ヒートマットの温度が上がってしまうような時は、種の入っている容器の下に大きめのタッパーの蓋などを一枚挟むようにして、気温が下がってきてHeat Mat ヒートマットの温度が上がりにくい時には間に挟んであった大きめのタッパーの蓋を外すようにしました。この「大きめのタッパーの蓋」というのがどこから来ているのかは後で出てきます)、Heat Mat ヒートマットGrow Light 植物育成ライトを併用することにしました Unicorn Icon.gif

そして、上でも書いたように、Grow Light 植物育成ライトを使用しているため、容器に蓋をしてLight 光を遮るようなことはできませんから、自然と、「Heat Mat ヒートマットを使用中に、Seeds 種の入った容器に蓋をすることで温度が異常に高くなってしまう」ということも防ぐことができました。

Heater for Plants/Heat Mats 植物用ヒーター/ヒートマットを使う際には乾燥が速くなりますのでWatering 水やりの回数を1日に3回など、様子をみながら増やす事になります: 少なくともSeeds の間は乾燥させないように気を付けます(この時、私はやったことはありませんが、Ideas アイデアとして、トイレットペーパーを1枚にしたものを小さく切ってSeeds 種の上に被せる方もいらっしゃるようです)。Germinated 発芽してFutaba 双葉がちゃんと開いた頃からは、水はそれほど多くなくてよくなる(多すぎると今度はRoot Rot 根腐れを起こすので。私が参加している海外のHoly Basil ホーリーバジルのコミュニティーで、India インドの方はHoly Basil ホーリーバジルにOver Watering 水のやりすぎは禁物とおっしゃいます)ので、様子を見ながら、1日2回に回数を減らすなり、1回の水の量を減らすなりします。




LS Hyindoor 10"x20.75" ヒートマット 園芸発芽マット 育苗マット 温床関連 育苗器
ここから購入できます Kira Kira icon


★ 12月24日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシー福島のゆうこさんに頂いたHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種)が真っ先に発芽。流石!とは言え、まだ双葉は出てきておらず丸まったStem 茎が見えています。珍しく、なんだかどちらが上なのか迷っているようでした。(Seeding 種まきから16日目)

Holy Basil Tulsi Dec 24 2020 8 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 16)

去年の経験から、このように小さい時に触るとろくな事にならないので、結果はどう在れとにかく自身の力(Nature 自然の力)に任せておくことにしました。

★ 12月26日:
Hydroponics/Water Culture 水耕栽培用に購入したHyponica ハイポニカ Hyponica Liquid Fertilizer Icon.gif が届いたので、セットで付いてきたHyponica ハイポニカのSpinges スポンジ培地を使ってのSeeding 種まきも試してみることにしました。

Holy Basil Tulsi Dec 26 2020 5 - Hyponica Liquid Fertilizer

Hyponica ハイポニカSponges スポンジは、きめが粗くRoots が伸びて行き易そうです。また、下まで貫通している十字の穴もRoots が伸びていく過程で行き先を見つけやすそうです。ただし、きめが粗い為に柔らかいSponges スポンジなので、背があまり高くならない葉物野菜などでは問題なく使えそうですが、Holy Basil ホーリーバジルは成長すると結構Stems 茎も太くなり背も高くなるので、それを支える強度という点で見ると少し心もとないかも知れません。また、私が購入した水耕栽培用の苗&スポンジを入れる小さなバスケットには、Hyponica ハイポニカのSponges スポンジは小さすぎるため、Algae を防ぐためのBlackout 遮光が不完全になってしまいます。




ハイポニカ液体肥料250ml+スポンジ培地60個セット
ここから購入できます Kira Kira icon


★ 12月26日:
Krishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種Oya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種Dark Opal Basil Seeds ダークオパールバジルの種を必要な分だけWater 水に浸してSeeding 種まきの準備をします(今回はHyponica ハイポニカのSponges スポンジ培地を試す分の他に、現在使っている培養土のSuper Grade II スーパーグレード2に追加分として種まきする分を用意しました)。水にはVitalizer 活力剤の(Seeds 種から使えて、生きているFish 魚がいるAquarium 水槽にも使える)Menedael メネデール Menedael Icon を標準的な希釈倍率である100倍=「1Lにキャップ一杯=1000mlに10ml」という割合で混ぜておきました(Menedael メネデールは優しいので50倍~200倍の範囲で使えます)。

Holy Basil Tulsi Dec 26 2020 47 - Seeding Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 0)

普通はMenedael メネデール Menedael Icon はなくてもWater 水だけでHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種は発芽してくれますが、今回はMid Winter 真冬という最も「Holy Basil ホーリーバジルの栽培に適した条件」からかけ離れた季節にSeeding 種まきをするので、少しだけSupport サポートになればという感じで加えました。




メネデール 植物活性素 500mL 関東当日便
ここから購入できます Kira Kira icon


★ 12月26日:
Germination 発芽用Egg Case 卵ケースの中のSoil Culture 土耕栽培のもの(初回に撒いた分と追加分)と並行して、Hyponica ハイポニカのHydroponics/Water Culture 水耕栽培用のSponges スポンジで種のGermination 発芽を待ちます。(Seeding 種まき先発隊18日目、後発隊0日目)

Holy Basil Tulsi Dec 26 2020 51 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 18 and Day 0)


★ 12月26日:
11月下旬からIndoor Holy Basil 室内栽培ホーリーバジルの鉢にFungus Gnats キノコバエ/コバエが発生していたので、Germination 発芽を待っているHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種にも、Fungus Gnat Control キノコバエ対策/コバエ対策としてInsect Repellent Screen 虫よけネットを被せています。(Seeding 種まき先発隊18日目、後発隊0日目)

Holy Basil Tulsi Dec 26 2020 52 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 18 and Day 0)

大きめのタッパーを購入して、それにHeat Cutter ヒートカッターを用いて風通しの為の窓を開け、それにInsect Repellent Screen 虫よけネットをミシンで縫って袋状にしたものを被せています。




ホットナイフ HOT-60R 日本製 スタイル: 55W/300℃/560℃
ここから購入できます Kira Kira icon


この大きめのタッパーで作ったInsect Repellent Screen 虫よけネットを被せるためのケースは、実は、Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの栽培をしていて、Autumn 秋ごろから、それまでMason Jars メイソンジャーで栽培していたのを、ほんの好奇心で、それまでMason Jars メイソンジャーを入れていたSTAUB ストウブの器に直接Broccoli Sprouting Seeds ブロッコリースプラウトの種を蒔いたらどうだろうと思い、STAUB ストウブに直接Seeding 種を蒔き始めたのですが(それについては、いつか時間に余裕のある時にでも改めて書くかも知れませんが、今は予定は未定です)それが思いのほか上手くいったのでそれ以降その方法を続けていたのですが、晩秋から冬にかけて気温が下がってきた頃に、Germination 発芽までの時間がかかるようになり全体的にBroccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの成長スピードが遅くなってきて、その頃のBroccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの苗たちには、夏に栽培していたもののような元気はなくなり弱々しい感じになってきたため、それまではなかったのですが(気温が高い時期の元気いで勢いのある苗には虫は寄り付きもしなかったので、むき出しのSTAUB ストウブで栽培していたのですが)1度だけSTAUB ストウブの中の培地にコバエが入っていったのが見えたために、急いでInsect Repellent Screen 虫よけネットをかけるためにはどうしたらいいのかを考え、結局、STAUB ストウブが入る大きさで深さのある容器に風通し用の窓を開けて、それに虫よけネットをかけるという方法に決め、大至急材料を集めて作ったものです。

その頃から、ちょうどIndoor Holy Basil 室内栽培ホーリーバジルの鉢にFungus Gnats キノコバエ/コバエが発生し始めましたので、Broccoli Sprouts ブロッコリースプラウトも気温の低下に伴い発育が思わしくなくなってきていましたし、Heat Mats ヒートマットを敷いて冬場も栽培を続けようと計画していたのですが、Fungus Gnats Control キノコバエ対策/コバエ対策やそれに伴う、度重なるSoil Changing 土の入れ替えなどでバタバタしていたので、冬場はBroccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの栽培はお休みすることにしました。その為、このBroccoli Sprouts ブロッコリースプラウトの栽培用に作ったInsect Repellent Cover 虫よけカバーもお休み中で仕舞い込まれるところだったのですが、ここへ来て、突如、「Germination 発芽待ちのSeeds 種のInsect Repellent 虫よけ」という新しい仕事を任される事になりました。

★ 12月26日:
大きめのタッパーにHeat Cutter ヒートカッターで風通し用の窓を作り、そこにInsect Repellent Screen 虫よけネットをかけるとこんな感じになります。(Seeding 種まき先発隊18日目、後発隊0日目)

Holy Basil Tulsi Dec 26 2020 53 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 18 and Day 0)





【防虫ネット チューブ(L)】【1枚入】
【約周囲170cm×高さ120cm(網目約1mm目)】
【白メッシュ/銀糸入り/透光率90%/虫よけネット】
農園芸用資材

ここから購入できます Kira Kira icon


★ 12月27日:
Germination 発芽用Egg Case 卵ケースの中のSuper Grade II スーパーグレード2を使ったSoil Culture 土耕栽培の部分からOya Tulsi オオヤトゥルシーが1番初めに芽を出しました(やっと上を見つけて双葉を出せたようです)。このOya Tulsi オオヤトゥルシーは福島のゆうこさんに頂いたOya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種です。(Seeding 種まき先発隊19日目、後発隊1日目)

Holy Basil Tulsi Dec 27 2020 6 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 19 and Day 1)


★ 12月28日:
Hydroponics/Water Culture 水耕栽培用のHyponica ハイポニカのSponges スポンジに蒔いた、福島のゆうこさんから頂いたOya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種Seeding 種まきからたった2日で発芽しました: まだFutaba 双葉も出ていませんが、先にRoots 根を下に伸ばそうとしています。(Seeding 種まき先発隊20日目、後発隊2日目)

Holy Basil Tulsi Dec 28 2020 20 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 20 and Day 2)


★ 12月29日:
Soil Culture 土耕栽培でも、Hydroponics/Water Culture 水耕栽培でも真っ先にGerminated 発芽した福島のゆうこさんのOya Tulsi オオヤトゥルシー。(Seeding 種まき先発隊21日目、後発隊3日目)

Holy Basil Tulsi Dec 29 2020 11 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 21 and Day 3)

ただSuper Grade II スーパーグレード2に撒いた方のOya Tulsi オオヤトゥルシーの芽は調子がよくありません。経験上、このようにFutaba 双葉の厚みが増してくるだけで大きさが大きくなってこない時は、このまま死んでいく可能性が高いです。

★ 12月30日:
Hydroponics/Water Culture 水耕栽培用のSponges スポンジに後からSeeding 種まきをしたOya Tulsi オオヤトゥルシーの方が、先にGerminated 発芽したSuper Grade II スーパーグレード2というSoil 土にSeeding 種まきをしたSoil Culture 土耕栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシーよりも順調に成長しているのが分ると思います。(Seeding 種まき先発隊22日目、後発隊4日目)

Holy Basil Tulsi Dec 30 2020 9 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 22 and Day 4)

案の定、Super Grade II スーパーグレード2でGerminated 発芽したOya Tulsi オオヤトゥルシーはこのまま成長が止まってしまっているように見える状態に入りました。

★ 12月30日:
Dark Opal Basil ダークオパールバジルPurple Basil 紫色のバジル。シソ科のバジル類ですが、Not a kind of Holy Basil ホーリーバジルの一種ではありません)がここで、Hydroponics/Water Culture 水耕栽培用のHyponica ハイポニカのSpongs スポンジでのみGerminated 発芽しました。まだFutaba 双葉は出ておらず、下にRoots 根を伸ばしている状態です(先にSuper Grade II スーパーグレード2にSeeding 種まきしたSoil Culture 土耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジルはまだGerminate 発芽していません)。(Seeding 種まき先発隊22日目、後発隊4日目)

Holy Basil Tulsi Dec 30 2020 8 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 22 and Day 4)


★ 1月1日(2021):
Hyponica ハイポニカのSponge スポンジ培地に蒔いたHydroponics/Water Culture 水耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジルと、Super Grade II スーパーグレード2(培養土)に蒔いたSoil Culture 土耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジルが1つづGerminated 発芽した状態になりました。(Seeding 種まき先発隊24日目、後発隊6日目)

Holy Basil Tulsi Jan 1 2021 16 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 24 and Day 6)

この写真では、Super Grade II スーパーグレード2(培養土)の上に発芽した種があるようには見えないと思いますが、実はHydroponics/Water Culture 水耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジルがGerminated 発芽した翌日には、先にSuper Grade II スーパーグレード2Seeding 種まきしたSoil Culture 土耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジルが一つGerminated 発芽しました。しかし、Basil Seeds バジル類の種はSeed 種の周りに水に濡れることで生じるJelly ジェリー状のものが周囲のSoil 土を抱き込んで水分の保持をしたりSeeds が流れて行きにくいように周囲の土にへばりついたりするのですが、何故かそのJelly ジェリー状のものが付いた種の表面の部分をFutaba 双葉が被ったまま伸びてきていて、そのJelly ジェリー状のものには土の粒が付いていたので、写真にはただそこにSoil 土の粒があるようにしか映らない日が数日ありました。数日の間は、自力でその頭にかぶったままになっているSoil 土の粒を落とすのか様子を見ていたのですが、自力では無理そうでしたので、爪楊枝で上に乗っかっている土の粒を取り除いてあげました。

こんな事も今まではなかったので、何でこんな事になったのかは分りません。

★ 1月1日(2021):
Hydroponics/Water Culture 水耕栽培Oya Tulsi オオヤトゥルシーは順調です。(Seeding 種まき先発隊24日目、後発隊6日目)

Holy Basil Tulsi Jan 1 2021 17 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 24 and Day 6)

Seeding 種まきをした後は暫くの間、Seeds 種が流れてしまったりするのを防ぐためと、やはりまだSmall Buds 小さい芽は些細なことで弱ってしまったりするので、Spray スプレーで水やりをするのですが、Seeds 種が発芽するまでは種が乾かないようにたっぷりと多めに、そしてHeat Mats ヒートマットを使わない状態なら1日2回(朝と夜など)、Heat Mats ヒートマットを使っている状態では水分の蒸発が速いので、1日3回(朝と夕方と寝る前など)水やりをします。Germination 発芽した後、双葉が生え揃った状態になったら、それ以降は余り水を上げ過ぎるとRoot Rot 根腐れを起こすので、Futaba 双葉が生えそろった頃を見計らって水は控えめにSpray スプレーするようにしていきます(以前、双葉が生えそろったSeeding 苗にまだGerminate 発芽していないSeeds 種と一緒にたっぷりとスプレーで水をかけていたらEgg Case 卵ケースの中でRoot Rot 根腐れを起こした経験があるので、同じEgg Case 卵ケースの中でも、まだ発芽していないものにはたっぷりとスプレーし、発芽して双葉が小さくても生え揃ったらその部分だけ軽めにスプレーするようにします)。

ただし、ここまで数回、Soil Culture 土耕栽培のPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢に直接Seeding 種まきをしましたが、その際には、そもそも「Self Watering 自動給水」で自然に水が蒸発する為に上に上がって来るのを利用している栽培法なのでWatering 水やりをしないため、Germinated 発芽したBuds 芽と発芽していないSeeds 種を分けて、水やりの方法を変える必要はありません。PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢へ直接Seeding 種まきをする方法は、Watering 水やりの必要がありませんし、結果は毎回良好でしたので、Seeds 種が少ない場合はいい方法だと思いますが、Seeds が多い場合はどうしても密植になってしまうため、Roots 根が絡まるのでSettled Planting 定植する際に少してこずり、どうしても多少Roots 根を傷つけることになりますので、状況に応じて選ぶといいと思います。今回は、少し多めに種を蒔きたかったので、Roots が互いに絡むことのないEgg Case 卵ケースでSeeding 種まきをすることにしました。

ちなみに、もしもSeeding 種まきの為にPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢を作り、「種まき用だからそんなにSoil 土も多くは要らない」と浅めのPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢にする際には、水を吸い上げる芯となる不織布を細めにするなりして、普通のサイズのSoil 土がたっぷり入ったPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢よりもペットボトル下部から水が上がって来る量を少なくなる工夫をしないと、浅く作りSoil 土が少ない分、常にSoil 土がべしょべしょしている状態になってしまい、Germination 発芽まではいいのですが、その後はあまり好ましくない状態になります(早めにSettled Panting 定植せざるを得ないような状態になる可能性があります)。

★ 1月4日:
Hyponica ハイポニカHydroponics/Water Culture 水耕栽培用のSponge スポンジにSeeding 種まきしたDark Opal Basil ダークオパールバジルと、Super Grade II スーパーグレード2というSoil 土にSeeding 種まきをしたSoil Culture 土耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジルが、どちらもFutaba 双葉が生え揃った状態になりました: 小さくて見えにくいですね。ダークオパールバジル用の上の段のくぼみの中の左下の方にあります。(Seeding 種まき先発隊27日目、後発隊9日目)

Holy Basil Tulsi Jan 4 2021 18 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 27 and Day 9)

先にSeeding 種まきをしたSoil Culture 土耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジルの方がGermination 発芽も遅く、成長も遅いようですが、それでも本人なりに頑張ってくれているのでそのまま見守ります。

Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーは、Hydroponics/Water Culture 水耕栽培のSponge スポンジのものはGerminate 発芽しておらず、Soil Culture 土耕栽培の方はやっとGerminated 発芽してくれました。日本で栽培しやすいように品種改良されたOya Tulsi オオヤトゥルシーとは違い、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーはIndia インドで育つための情報を持ったままのHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)なので、Higher Temperature 高めの気温を好み=Coldness 寒さに弱く、Sunlight 太陽の光を豊かに浴びることを好みます。その為、その栽培条件に合わない時は成長スピードがゆっくりになります。それゆえに、Temperatre 気温が高めの季節以外でのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーのSeeding 種まきはどうしてもOya Tulsi オオヤトゥルシーよりはGermination 発芽がゆっくりになる可能性があります。ただし、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーの種は真夏のように条件さえ良ければ、1か月後でさえもGermination 発芽してくれる可能性がありますので、基本的にKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種とは気長に向き合うといいと思います。

★ 1月4日:
Hydroponics/Water Culture 水耕栽培用のSponge スポンジにSeeding 種まきをしたOya Tulsi オオヤトゥルシーは絶好調です。(Seeding 種まき先発隊27日目、後発隊9日目)

Holy Basil Tulsi Jan 4 2021 19 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 27 and Day 9)

この位順調に育ってくれると、Holy Basil ホーリーバジルの夏場のSeeding 種まきのようにワクワク度が高いです。

★ 1月4日:
Super Grade II スーパーグレード2が合わないのか、Dark Opal Basil ダークオパールバジルが殆どPurple 紫色がなくほぼGreen 緑色になっています。(Seeding 種まき先発隊27日目、後発隊9日目)

Holy Basil Tulsi Jan 4 2021 22 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 27 and Day 9)

実は11月にもDark Opal Basil ダークオパールバジルの種をPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢に直接Seeding 種まきして、その時は順調にGerminated 発芽してくれたので、Settled Planting 定植も済ませていたのですが、「ハンギングの土(弱酸性)」と「赤玉(弱酸性)」をOrganic Lime Fertilizer 有機石灰とMillion ミリオンでAlkalize アルカリ化したSoil 土に定植したものは順調にPurple 紫色のまま育ってくれていたのですが、Super Grade II スーパーグレード2をAlkalize アルカリ化したSoil 土に定植したものは、Green 緑色になっていったSeedlings 苗が2つとPurple 紫色を維持してくれていた苗が1つという割合になりました(残念ながらそれらのチビちゃんたちは、Fungus Gnats キノコバエ/コバエが発生した一件で、まだ小さかったためにAlcohol アルコールに耐えられず死んでしまいました)



ハンキングバスケット用に作られた専用培養土ですので、
軽量で保水性・排水性に優れています。
ハンギングの土 1.2L [用土 使い切りシリーズ]

ここから購入できます Kira Kira icon

うちではOya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーも、この「ハンギングの土」と「赤玉」のブレンドで、その特徴であるPurple 紫色が出現しました 💜



関東ローム層と呼ばれる茶褐色の粘土質の土で、粒状に選別してあるので、
通気性・保水性・排水性に優れた園芸全般に使える土です。
赤玉土 小粒1.2L [園芸 用土 肥料]

ここから購入できます Kira Kira icon



消石灰・生石灰のような過剰使用による障害が極端に少なく、
土と混和後すぐに播種、定植ができます。
すぐに植えられる石灰 500g 約1坪用
[貝化石 酸性土壌中和 し アルカリ土壌に変える]

ここから購入できます Kira Kira icon


Krishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種を蒔いても、Germinate 発芽した時にはGreen 緑色で、暫くするとPurple 紫色が出現してきますし、Oya Tulsi オオヤトゥルシーも特徴であるBack of Leaves 葉の裏のPurple Dots 紫色の斑点は、Germinated 発芽して暫くしてから出現しますが、Dark Opal Basil ダークオパールバジルの場合は、Germination 発芽の時から既にPurple 紫色なのですね。私はPurple 紫色が好きという理由だけで、Purple 紫色を特徴に持つKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーOya Tulsi オオヤトゥルシーを選んだので、Germination 発芽時からPurple 紫色Dark Opal Basil ダークオパールバジルは、発芽直後から早速面白いです。

そんなGermination 発芽時からPurple 紫色Dark Opal Basil ダークオパールバジルですが、(昨年2020年にAcidity 酸度の強い鹿沼土ベースのSoil 土に定植してから、Purple 紫色がFading 退色していってしまったKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーOya Tulsi オオヤトゥルシーと同じように)Germination 発芽時にSoil 土のPhだか、Nutrition 栄養だか何らかの条件が合わないと、Purple 紫色の状態でGerminated 発芽しても徐々にGreen 緑色になっていくものがあります。Dark Opal Basil Seeds ダークオパールバジルの種の入っていた袋には元々、「2割くらいGreen 緑色のものが混ざっている可能性があります」と書いてありますので、私はPurple 紫色の苗が欲しくていつも必要な数よりも多めにSeeding 種まきをしなくてはいけなくなってしまうのですが、ここまでは全てPurple 紫色のものだったと思います: ただし、発芽後(Seeds 種の中に元々持っていたNutrition 栄養で育つ時期が過ぎる頃なのか)に徐々にGreen 緑色になっていったものはありました。ただし、このようなFading 退色はSoil 土の条件を合うものに変えてあげると - 昨年2020年のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーOya Tulsi オオヤトゥルシーもそうだったように、Dark Opal Basil ダークオパールバジルの場合も - Purple 紫色は途中からでも戻って来てくれます(下に写真が出てきます)。

ちなみに11月に種まきをしたDark Opal Basil ダークオパールバジルが、Fungus Gnats Control キノコバエ対策/コバエ対策でダメになってしまった際に、弱ったSeedlings 苗を捨てるのではなく、ちゃんと頂くことにしたのですが、味はSweet Basil スイートバジルと同じくバジルの味でした。Dark Opal Basil ダークオパールバジルとは言えBasil バジルですから当たり前と言えば当たり前なのですが、Holy Basil ホーリーバジルを育て始めてから、Holy Basil ホーリーバジルを口にすることが多かったので、自分が育てているものを口に入れた時にHoly Basil ホーリーバジルの味ではなく「バジルの味」がした時にはハッと気づかされた感じで軽く驚きました。




藤田種子 ダークオパールバジル
ここから購入できます Kira Kira icon
私は楽天の藤田種子さんのお店で購入したのですが
現在はそちらは売り切れの状態ですので今は写真付きリンクが貼れません。
それでも藤田種子さんから直接購入したい場合は、
楽天の藤田種子】さんのお店へどうぞ。


★ 1月4日:
頑張れ、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーのBaby 赤ちゃん/Tiny Seedling 小さい苗。(Seeding 種まき先発隊27日目、後発隊9日目)

Holy Basil Tulsi Jan 4 2021 23 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 27 and Day 9)

Super Grade II スーパーグレード2(培養土)で、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーがやっとGerminated 発芽しました。

★ 1月4日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシーのBaby 赤ちゃんは、横にStem 茎が伸びているのが見えていますが、何故かSoil 土の表面から上に伸びて来れずにいます。小さいままのFutaba 双葉がいよいよ色が濃くなりおかしくなってきました。(Seeding 種まき先発隊27日目、後発隊9日目)

Holy Basil Tulsi Jan 4 2021 24 - Seeds of Oya Tulsi Krishna Tulsi and Dark Opal (Day 27 and Day 9)

Super Grade II スーパーグレード2というSoil 土が、Holy Basil ホーリーバジルSeeding 種まきに合わなかった(良い土過ぎた/栄養が豊富過ぎた)のか、どうもSoil Culture 土耕栽培の方のHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種のSeeding 種まきが調子がよくありません。

初めはTemperature 気温が夏と違って低い所為かと思いましたが、それはHeat Mats ヒートマットで調節し、実際その頃からGermination 発芽も始まっているので、今は気温には問題はないと思いますので、そうなると、Soil Culture 土耕栽培でのHoly Basil ホーリーバジルSeeding 種まきの結果が未だかつてないくらいに不調なのは【Soil 土が原因なのではないか】と原因が絞られてきました。

★ 1月7日:
Coco Peat Substrate Boards called Peat Ban ピートバン(ココピートをベースに初期肥料などを加えてあるSeeding 種まき用/Germination 発芽用の培地)を使ってみることにしました。Coco Peat Substrate Boards ピートバンの良い所は、使い終わったら(ヤシの繊維でできたBellabon ベラボンのような感じで)Soil 土と混ぜてそのまま使い続けることもできますし、【Tokyo 東京都は土をゴミとして引き取ってくれない】のでこれ以上土を増やしたくないという時などには、ココピートはヤシの繊維であって土ではないので可燃ごみとして捨てることができるということです Clapping Cat Icon.gif

Holy Basil Tulsi Jan 7 2021 17 - Peat Ban the Coco Peat Substrate Boards for Germination

私がHoly Basil ホーリーバジルを育て始めた頃、福島のゆうこさんが「Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種は、あまりFertlizer 肥料などが混ざっていないSoil の方が発芽しやすい。逆に、Fertilizer 肥料がしっかり混ざっているSoil ではGerminate 発芽しにくい事がある。その為、Holy Basil ホーリーバジルのSeeding 種まきには去年使った土くらいの土がいい」と教えて下さっていましたが、その後、Fertlizer 肥料、兼、Insect Repellent 虫よけにもなるNeem Cake ニームケーキNeem Seeds ニームの種からNeem Seed Oil ニームシードオイルを絞った搾りかす=Neem ニームの油かす)を混ぜてあった屋外のPlanters プランターでも(種まきの前に水で戻した種が多くて、もう置く場所がなくなってしまったので、仕方なく既にNeem ニームを混ぜてあったプランターに蒔いた種が)Germinated 発芽してくれて、Oya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーも発芽率ほぼ100%(Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種を水に浸けた際の「種の浮き沈みが発芽するか否かに関係がある」というのは、2020年のSeeding 種まきでは殆ど関係はありませんでした)ので、あの頃は、Seeding 種まきの際にSoil 土にFertilizer 肥料が混ぜてあるか否かも余り関係ないかも知れないと思っていました。

しかしここへ来て、福島のゆうこさんが教えて下さっていた事が思い出され、Soil 土にFertilizer 肥料が混ざっていてもHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種Germinated 発芽してくれたあの頃は、Mid Summer 真夏でHoly Basil ホーリーバジルにとって条件がとても良い時期でしたし、Fertilizer 肥料を使っていたと言ってもNeem ニームだったのでHoly Basil ホーリーバジルと相性が良かったのか(とは言え、Neem ニームは時にHoly Basil/Tulsi ホーリーバジル/トゥルシーを痛めることがあるため、India インドでもHoly Basil ホーリーバジルNeem ニームを使うのを嫌がる人もいます。実際、切り口の殺菌の為にNeem Seed Oil ニームシードオイルを塗ったり、Insect Repellent 虫よけの為にNeem Seed Oil ニームシードオイルを希釈したものをSpray スプレーしていた2020年には、Spider Mites ハダニDisease 病気らしきものを一掃してもらった一方で、時々、新芽が不健全な形状になってしまったり、葉が焼けたりすることもありました。また、Neem Tea ニーム茶=ニームの乾燥葉を煎じたもののスプレーはほぼ効果なしでSpider Mites ハダニは全く減らなかったという経験もしました。Neem Cake ニームケーキは、土に混ぜると嫌気発酵してSoil 土が固くなりドブのような匂いになり厄介ですが、土の表面に撒くと好気発酵して白いカビのような放線菌が広がりそれが強力に土を守り虫よけにもなるため、去年はハダニコバエのような小さい害虫は見かけましたが、芋虫やナメクジや夜盗虫やコガネムシのような大きな虫は全く見かけませんでした)、それともSynthetic Fertilizer/Chemical Fertilizer 化成肥料ではなくNeem ニームが自然なものだったせいか、とにかく虫よけと肥料として働くと言われているNeem ニームHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種Germination 発芽には影響しませんでしたが、今回は、Super Grade II スーパーグレード2というちゃんとFertilzier 肥料を混ぜ込んである培養土でのSeeding 種まきでしたので、Nutrition 栄養豊富なことが逆にHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種Germination 発芽には悪影響となったのかも知れません。

Super Grade II スーパーグレード2(弱酸性)」を使い始める前までは、「ハンギングの土(弱酸性)」と「赤玉(弱酸性)」をブレンドしたSoil 土で、Holy Basil ホーリーバジルSeeding 種まきをし、Germination 発芽にも、Purple 紫色の出現にも、問題があったことはなかったので、Soil 土にSeeding 種まきをしてGermination 発芽に問題があったのは今回が初めてでしたが、良いお勉強になりました。

Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)の栽培に、Super Grade II スーパーグレード2のようなNutrition 栄養の豊富な(加えて、Inorganic Soil 無機物の土がベースになっているので虫が好まないためInsect Repellent 虫よけ効果もある)良い土を使う場合は、Seeding 種まきには殆どFertilizer 肥料の入っていないSoil 土などの培地を用い、そこでGermination 発芽しSeedlings 苗が少し育った後、Settled Planting 定植するという段階になってからNutrition 栄養をたっぷりと含んだ 栄養豊富な土を使う、というやり方にした方が良いようです。

という事で、Seeds Germination 発芽用にデザインされたPeat Ban the Coco Peat Substrate Boards ピートバンを使用してみることにしました。




サカタのタネ こまかいタネがまける土 ピートバン 5枚入り 関東当日便
ここから購入できます Kira Kira icon


2020年のSeeding 種まきで成功を齎した「ハンギングの土」と「赤玉」のブレンドを今回は使用せず、Coco Peat Substrate Boards ピートバンを使ったのは、ピートバンが使用後は【燃えるゴミとして捨てることができる】という事が理由でした。

★ 1月7日:
先に、使用するSeeds をWater 水に浸けて(寒い季節でしたので、Lukewarm water ほのかに温かいお水=「暖かい季節であれば水道水でもこの位になる」くらいの範囲の温かさのお水を使いました)準備しておきます。

それから、Coco Peat Substrate Boards ピートバンの準備を始めます。400ml~450mlの水(寒い季節でしたので手で触ってWarm 温かいくらいの「真夏であれば水道水でもこの位になる」くらいのぬるま湯を使いました: ただしOkinawa 沖縄の場合、水のタンクが建物の上にあるため真夏の水道水はサラダ用のレタス洗う時にもしおれるくらいなので注意。あくまでも植物を痛めない程度の、手肌にも植物にも心地良い程度の温かさで)にVitalizer 活力剤のMenedael メネデール Menedael Icon を加えて、それを受け皿に入れたCoco Peat Substrate Boards ピートバンにかけて吸収させます。Menedael メネデールは必須ではありませんが、寒い季節の種まきなので少しでもサポートになればと加えておきました。

Holy Basil Tulsi Jan 7 2021 21 - Peat Ban the Coco Peat Substrate Boards for Germination

Coco Peat Substrate Boards ピートバンは、5分~10分で充分に給水し膨れて少し大きくなり黒っぽい色になります。そうなったら、受け皿ごとSink シンクに持っていき余分なWater 水を流して捨てます。これでCoco Peat Substrate Boards ピートバンの準備はできました。

★ 1月7日:
Water 水に浸けておいたHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種Krishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種Oya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種)とDark Opal Basil Seeds ダークオパールバジルの種を、準備のできたCoco Peat Substrate Boards ピートバンに蒔いていきます。

Holy Basil Tulsi Jan 7 2021 27 - Peat Ban the Coco Peat Substrate Boards for Germination

普通は、そのままCoco Peat Substrate Boards ピートバンの上にSeeds を蒔いていけばいいのですが、今回は不織布のフリーゼを小さくカットしたものの上にSeeds を蒔くことにしました。Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種、特にKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種は小さくてSeeding 種まきをした直後からもう種がどこにあるのか分からなくなってしまうのですが、不織布の上にSeeding 種を蒔くことで、Seeds 種が土に埋もれてしまうこともありませんし、どこに行ってしまったのか分からないくなることもないですし、状態が観察しやすいのです。不織布の中でもフリーゼは水や土に分解されやすく強度には問題がありますが、Seeding 種まきの際にはもしも小さいSeedlings 苗から外せないようなことがあってもそのままSoil 土に植えてしまっても土の中で分解されてしまうので問題ありません(Seeding 種まきには、目の詰まった強度のあるワイプオールではなく、目が粗く柔らかいフリーゼがいいです)。

その為、本来はSeeds Coco Peat Substrate Boards ピートバンに直接撒く場合、30粒くらいの種が蒔けるそうですが、今はMid Winter 真冬でSeedlings の行き場が限られていますから(寒すぎて屋外には出せませんので)今回私はそれほど多く蒔く予定ではなかったことと、不織布を敷いてその上にSeeds 種をまくことと、Germination 発芽する数は誰にも分りませんから、発芽しない可能性も考えて必要な数よりも少し多めにSeeding 種まきしますが、全てが発芽した時の事も考えてると、Roots 根が互いに絡まってしまい、Settled Planting 定植の際にSeedlings 苗同士を引き離そうとしてRoots 根を傷つけてしまうことがないように、なるべくお互いを離して間隔を空けておきましたので、3種の合計で(Super Grade II スーパーグレード2でGerminated 発芽したもののTransplanting 移植も含めて)20粒までとしました。

★ 1月7日:
Super Grade II スーパーグレード2Germinated 発芽したものもCoco Peat Substrate Boards ピートバンにTransplanting 移植し、新たに、Krishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種と、Oya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種と、Dark Opal Basil Seeds ダークオパールバジルの種とを撒きました。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗30日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種0日目)

Holy Basil Tulsi Jan 7 2021 30 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 30 Seeds Day 0)

このうち、真ん中上にある一番大きなOya Tulsi オオヤトゥルシーは、Hyponica ハイポニカのSponge スポンジの上で発芽したもので、既に本葉も出始めていて(ピートバンの説明書きには、Futaba 双葉が生え揃った時点でもうもっと栄養のある土に植え替える方がいいと書いてあるので)これからGermination 発芽するSeeds とでは余りに成長度合いが違ってしまい、必要なものも違ってくるので、この後すぐ、Hydroponic System 水耕栽培の装置の方に移しました。

★ 1月7日:
小さいOya Tulsi オオヤトゥルシーくんは、小さいながらも辛うじてHydroponic System 水耕栽培の装置で使っている大きめのSponge スポンジでも下からRoots がでるくらいには育ってくれていたので、Hydroponic System 水耕栽培の装置に移しても大丈夫そうでした。(Krishna Tulsi Seedlings クリシュナトゥルシーの苗101日目、Oya Tulsi Seedling オオヤトゥルシーの苗12日目)

Holy Basil Tulsi Jan 7 2021 43 - New Hydroponic System for Krishna Tulsi (Krishna Day 101 Oya Day 12)


★ 1月7日:
小さいOya Tulsi オオヤトゥルシーくん、無事にHydroponic System 水耕栽培の装置に落ち着きました。(Krishna Tulsi Seedlings クリシュナトゥルシーの苗101日目、Oya Tulsi Seedling オオヤトゥルシーの苗12日目)

Holy Basil Tulsi Jan 7 2021 48 - New Hydroponic System for Krishna Tulsi (Krishna Day 101 Oya Day 12)

ただし、Seeding 種まきをしたEgg Case 卵ケースもCoco Peat Substrate Boards ピートバンも、下にHeat Mat ヒートマットを敷いていたため培地は常に暖かかったのに対して、Hydroponic System 水耕栽培の装置の中のWater Temperature 水温は低いために、ここからはHeat Mat ヒートマット有りの培地で育つSeedlings 苗よりも、成長スピードはゆっくりになりました: Environmental Change 環境の変化に対するAdjust アジャストに少し時間がかかっても、その後ゆっくりとでも確実に成長してくれています(あれから1か月弱経った今では、8枚のLeaves 葉っぱと10枚目の葉っぱの「始まり」が出ています)。

★ 1月8日:
変化なし(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗31日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種1日目)

Holy Basil Tulsi Jan 8 2021 6 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 31 Seeds Day 1)

1日経っても、Transplanted 移植されたSeedlings にも変化はないようなので、問題はなさそうです。Seeds に関してはGermination 発芽までもう少し待ちます。

★ 1月10日:
Seeding 種まきから3日目で、またまた福島のゆうこさんから頂いたOya Tulsi Seed オオヤトゥルシーの種Germinated 発芽しました。見えているのはRoots になるところだと思います。先に根を下に伸ばして、それからFutaba 双葉がでてくるようです。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗33日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種3日目)

Holy Basil Tulsi Jan 10 2021 9 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 33 Seeds Day 3)

Soil 土の上にHoly Basil ホーリーバジルの種を蒔くと、小さくてまだ開く前でも、Green 緑色のFutaba 双葉が見えてきて初めて、Germinated 発芽したと認識するのですが、不織布のフリーゼの上にSeeding 種まきをするとその前の段階のRoots になる部分が出てきた時点でGerminated 発芽した事に気付くことができます。

★ 1月12日:
Germinated 発芽したOya Tulsi オオヤトゥルシーのFutaba 双葉が開きました。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗35日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種5日目)

Holy Basil Tulsi Jan 12 2021 12 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 35 Seeds Day 5)

この時点で、Vitalizer 活力剤のGekiryokuzai ゲキ力剤 ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif をSpray スプレーでひと吹き(この時に、まだGerminated 発芽していないSeeds 種にはGekiryokuzai ゲキ力剤がかからないようにします)。

★ 1月13日:
Dark Opal Basil ダークオパールバジルGerminated 発芽、Futaba 双葉を開こうとしています。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗36日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種6日目)

Holy Basil Tulsi Jan 13 2021 12 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 36 Seeds Day 6)

Dark Opal Basil ダークオパールバジルはFutaba 双葉からPurple 紫色ですね 💜 Grining Face with Star Eyes Star Struck icon

★ 1月15日:
その後Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーGerminated 発芽して、少しづつ発芽済みの種が増えていきました。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗38日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種8日目)

Holy Basil Tulsi Jan 15 2021 4 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 38 Seeds Day 8)

この頃からPeat Ban the Coco Peat Substrate Boards ピートバンの表面に白っぽい、カビではないようですが何らかのBacteria が繁殖し始めてきました。Soil 土の中には善玉菌などの微生物がいてそれらが働いていてくれてこそSoil 土をFertilize 肥沃にしてくれるので、その為に有用な微生物が含まれているGekiryokuzai ゲキ力剤 ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif もGerminated 発芽した後から使用してきていますので、見た目はピートバンの使用開始時よりも良くないですがこれは許容範囲です。Peat Ban the Coco Peat Substrate Boards ピートバンのReviews レビューで、「カビのようなものが生えてきたけど、植物が育って来たらそれも消えた」というものがあったので、Holy Basil ホーリーバジルたちが成長したらこれが軽減されるのか試してみたかったのもあり、そのまま放置することにしました。

Germination 発芽のタイミングはSeeds 種によってそれぞれ違いますので、Gekiryokuzai ゲキ力剤 ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif の使用は通常の使用方法のように水に適量のGekiryokuzai ゲキ力剤を入れたものを水やりのように与えるのではなく、細めのSpray スプレー容器にゲキ力剤の水溶液を作り、それをGerminated 発芽したBuds 芽にのみ吹きかける(まだ発芽していないSeeds 種や小さ過ぎるBuds 芽にはなるべくかからないように、スプレーする場所を絞って)、というやり方をしました。




濃縮ゲキ力剤EX 植物のパフォーマンスを引き出す活力剤
【メール便送料無料・時間指定・日付指定不可】

ここから購入できます Kira Kira icon


Gekiryokuzai EX ゲキ力剤EX ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif は、商品説明には「発芽してすぐゲキ力剤を与えるといい」とありましたが、私が使用してみた感じHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)に関しては、Germinated 発芽した直後のSeeds 種/ごく小さいBuds 芽に対するGekiryokuzai ゲキ力剤の使用については注意がありますので、それについてはこの記事の下の方に書きますので、Holy Basil ホーリーバジルのGermination 発芽時にGekiryokuzai ゲキ力剤の使用を考えていらっしゃる方は、そちらもお読みください Light icon

★ 1月17日:
Germinated 発芽したHoly Basil ホーリーバジルを見てみると、Futaba 双葉が出た後もSeeds 種は付いていてSeeds からNutrition 栄養をもらっているようです。Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種をSoil 土に直接蒔くと、種の色と土の色が同じなのであまりこういうのは見えないのですが、今回は不織布の上にSeeding 種まきをしたので分り易いと思います。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗40日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種10日目)

Holy Basil Tulsi Jan 17 2021 3 - Peat Ban the Coco Peat Sunstrate (Seedlings Day 40 Seeds Day 10)

Bento お弁当を持たされている幼稚園児のようで可愛いです。

★ 1月17日:
こちらはSeeds の中のNutrition 栄養を充分に吸収した後のようです。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗40日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種10日目)

Holy Basil Tulsi Jan 17 2021 1 - Peat Ban the Coco Peat Sunstrate (Seedlings Day 40 Seeds Day 10)

Bento お弁当、食べ終わった。

★ 1月17日:
朝のDark Opal Basil ダークオパールバジルは、特に変わりなかったりしても…(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗40日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種10日目)

Holy Basil Tulsi Jan 17 2021 16 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 40 Seeds Day 10)


★ 1月17日:
夕方には突然倒れていたりして、急遽Rescue 救出しなくてはならなくなったりもしました Surprised Cat Icon.gif(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗40日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種10日目)

Holy Basil Tulsi Jan 17 2021 24 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 40 Seeds Day 10)


★ 1月17日:
ぶつかったりもしていないのに突然起こったので原因は分りませんし、よく見てみても、何が悪いのか、どこが折れているのか、よく分りませんでしたが、原因を探る事なんかよりも今どうにかすることが最優先事項でしたので、黙って淡々と今できることをすることに。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗40日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種10日目)

Holy Basil Tulsi Jan 17 2021 25 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 40 Seeds Day 10)

土と不織布を取り除いて、Hydroponics/Water Culture 水耕栽培に切り替えることにしました。Hydroponic System 水耕栽培の装置で使っているSponges スポンジなら少ししっかりしていて深さもあるので、折れ曲がって弱くなっている箇所を支える事ができると考えたためです。このままSoil Culture 土耕栽培でSettled Planting 定植する際には、使用している不織布のフリーゼは土に分解されるのでそのまま定植すればいいのですが、水耕栽培のSponges スポンジに移植する際には不要なものは取り除いておきたかったので、よく切れる「裁ちばさみ」でStem 茎の近くまで切り込みを入れそっと手でフリーゼを引きちぎり取り除いてから、土を取り除き、最後に「ぬるま湯」で流してRoots 根の周りの土をできるだけ取り除きました。このDark Opal Basil ダークオパールバジルのおチビさんが持っていたBento おべんどう(Seed 種)は、残念ですがここで取れてしまいましたので、ここからはHydroponic System 水耕栽培の装置に入れてあるHyponica ハイポニカ Hyponica Liquid Fertilizer Icon.gif に栄養は完全に依存する形になりました。

★ 1月17日:
Dark Opal Basil ダークオパールバジルを無事、Hydroponic System 水耕栽培の装置にセット完了しました。予定外で急遽Settled Planting 定植することになったので、まだRoots は充分な長さがないため水耕栽培のSponge スポンジの下から出てきていません。その為、この先Roots が伸びようとする時にSponge スポンジに邪魔されたりすると、大きくなれないままで終わってしまうこともあります: 以前、直接スポンジに種まきしたKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーがそうだったようです。(Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー111日目、Oya Tulsi オオヤトゥルシー22日目、Dark Opal Basil ダークオパールバジル10日目)

Holy Basil Tulsi Jan 17 2021 27 - Hydroponic System for Krishna Tulsi (Krishna Day 111 Oya Day 22 Opal Day10)

しかし、今の自分にできる自分が「最善」と思うことをやったので、後はNature 自然に任せておくだけです。これで上手くいくもよし、上手くいかないもまたそれで「完璧」であり、その先の幸せの為に起こる必要があって起こったInevitable 必然ですから、結果が何であれ「それでいい」のです。

★ 1月19日:
Germinated 発芽したKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種が、Futaba 双葉を開きました。相変わらず、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーの双葉はHeart Shaped ハート形です Swinging Heart Icon.gif これは、MARCHE AOZORA マルシェ青空で購入したKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種で、去年2020年の夏に初めてKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーのハート型の双葉を見た時のものはAmazonで購入したKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの種でしたが、やはりKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーはどこで種を購入しても、Heart Shaped ハート形の双葉が見れるのですね。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗42日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種12日目)

Holy Basil Tulsi Jan 19 2021 4 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 42 Seeds Day 12)

Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーのこんなHeart Shaped ハート形の可愛いFutaba 双葉が見れるのはSeeding 種まきをしてSeeds 種から育てた時だけで、Seedlings 苗を購入して育てても見れるものではないので、Holy Basil ホーリーバジル/Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーを育てたいとお考えの方は、(Holy Basil ホーリーバジルCutting 挿し木も簡単にRoots 根を出してくれるので、Cutting 挿し木で増やした方が、Holy Basil ホーリーバジルが小さくて虫も付きやすく弱い時期をスキップできていい、という一面もありますが)一度はSeeds から育ててみると、可愛さも愛着もひとしお、それはそれで楽しいと思います。

ちなみに私は今まで育ててきたどの植物もCutting 挿し木をする時にはいつも、カットしてきたStem 茎・枝を水切り(水切りとは、Plants 植物はカットしたその時が一番水を吸うので、水の中で茎を - 水を吸うことのできる表面積を広くする為に - 斜めに切ること。Japanese Flower Arrangement お花/華道のお免状を持っていた母からの受け売りです)した後に、Menedael メネデール Menedael Icon を入れたWater 水に挿しておき、発根するまで数日毎に水を替えて待ち、Roots が出たらSoil 土に挿すという方法で挿し木をします Little Bud Icon

★ 1月22日:
この時点でGerminated 発芽していないSeeds も、昨年2020年の夏の時点ではKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種Seeding 種まきから1か月後にGerminated 発芽した例ことがありましたので、まだ可能性が残っているとは思いますが、それを待つばかりに他の既に発芽したHoly Basil ホーリーバジルたちにやってあげたいことをやってあげられないというのもどうかと思うので、ここで一旦発芽していないSeeds と発芽したSeedlings とは切り離して考えることにしました: 発芽済みのSeedlings 苗の為にやってあげたいことを優先させ、それでも今はまだ発芽していないSeeds 種がその後発芽するならそれでよし、発芽しないならそれもまたよしです。昨年のKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種もそのようにして、既に諦めていたのに1か月後に発芽しています。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗45日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種15日目)

Holy Basil Tulsi Jan 22 2021 2 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 45 Seeds Day 15)

本葉が出始めているSeedlings もありますが、Peat Ban the Coco Peat Substrate ピートバンの表面の白っぽいカビのような何らかの菌の繁殖はReviews レビューに書かれていたようには止まってはいません(もっと大きく育てば止まるのかは、まだ今の所分りませんが)。ただし、不思議なことに、Dark Opal Basil Seeds ダークオパールバジルの種Dark Opal Basil Seedlings ダークオパールバジルの苗も、Dark Opal Basil ダークオパールバジルの周辺には、あの白っぽいカビのような何らかの菌は繁殖していません Blink Icon.gif

Gardening ガーデニングについて調べていると、様々な所で「白っぽいカビ」または「白っぽいカビのようなもの」が登場しますが、White-ish Mold/Fungus like things 白っぽいカビのようなものと言えば、Neem ニームをSoil 土の表面に撒いた際に発生する有用菌であるActinomycetes 放線菌も白っぽいカビのようになりますし、また、自宅で作るCompost コンポストについて書かれているものには、「白っぽいカビのようなものが生えていても、気にしなくていい」と書かれており、基本的には、【「White-ish 白っぽいカビのようなもの」はFermentation 発酵を意味し、Black 黒いカビやGreen 緑色のMold/Fungus カビはRotting 腐敗を意味する】という捉え方のようです。Fermentation 発酵Rotting 腐敗もどちらもBacteria 細菌/Microorganisms 微生物によるDecomposition 分解の事ですが、人間にとって都合良い具合にDecompose 分解してもらえると「Fermentation 発酵」と呼び、人間にって都合の悪い状態でDecompose 分解されると「Rotting 腐敗」と呼んでいるので、Nutrition 栄養が豊富な土や、有用な微生物を含んだFertilizer 肥料やVitalizer 活力剤などを使用した際にSoil 土の表面に、Smokey 曇った感じやフワフワした感じにWhite-ish 白っぽいカビのようなものが生じたとしても、それはFermentation 発酵が進んでいるとして、気にしなくていいようです。見た目が気になる場合は、土の表面だけちょこちょこと爪楊枝や割り箸などでかき混ぜてしまえば、気にならなくなるので、私は今後「白っぽいカビのようなもの」は気にしない事にしました Dancing Ducky Icon.gif

そして、Dark Opal Basil ダークオパールバジルは、Super Grade II スーパーグレード2(培養土)でGerminated 発芽した際には、条件が合わなかったようでGreen 緑色のFutaba 双葉を出していたのですが、Peat Ban the Coco Peat Substrate Boards ピートバンにTransplanted 移植した後に出てきた本葉からはPurple 紫色のLeaves 葉を付けています。このように、元々Purple 紫色を特徴に持つものは(Holy Basil ホーリーバジルKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーOya Tulsi オオヤトゥルシーもそうでしたが)環境や条件が合って来れば後からでもPurple 紫色は戻ってくるので、Green 緑色になってしまったりPurple 紫色がFading 薄くなってきたとしても、そこから条件を合わせてあげれば大丈夫です。

Peat Ban the Coco Peat Substrate Boards ピートバンSeeding 種まきをしたDark Opal Basil ダークオパールバジルは初めからPurple 紫色をした状態でGerminated 発芽しています(上で急遽Hydroponics/Water Culture 水耕栽培に切り替えたもの)。ただし、現時点ではピートバンには4つのDark Opal Basil Seeds ダークオパールバジルの種を蒔いて1つしか発芽していません(Heat Mat ヒートマットあり)。とは言え、11月ごろに「ハンギングの土」と「赤玉」のブレンドを入れたPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢(w/o Heat Mat ヒートマット無し)に直接Seeding 種まきをした際にはもっと発芽率が良かったのですし、今回12月に初めEgg Case 卵ケースにSuper Grade II スーパーグレード2を入れたものでGermination 発芽を試みた際に発芽したSeedlings 苗でPeat Ban the Coco Peat Substrate Boards ピートバンに植え替えてもまだ問題なく元気に成長し続けてくれているのは、Dark Opal Basil ダークオパールバジルだけです。

ちなみに、1月17日にHyponica ハイポニカ Hyponica Liquid Fertilizer Icon.gif を加えてあるHydroponic System 水耕栽培の装置に急遽Transplanting 移植した小さなDark Opal Basil ダークオパールバジルのSeedling 苗は、(気温よりも水温は低いので成長スピードはゆっくりですが、本葉も出してきており)あのままちゃんとPurple 紫色に育っています Sparkling Heart Icon.gif

★ 1月22日:
Germination 発芽Egg Case 卵ケースの中で、Super Grade II スーパーグレード2(培養土)でGerminated 発芽したKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーは、Coco Peat Substrate Board ピートバンにTransplanted 植え替えされた後、(同じように移植したOya Tulsi オオヤトゥルシーはピートバンに植え替えてからほどなくして消滅してしまいましたが)小さな小さな黄緑色の本葉を出してくれて、どうやら辛うじて成長は続いているようなのですが、ピートバンの表面に生えている白っぽいカビのような菌に分解されようとし始めました。弱っている植物や動物などをDecompose 分解して土に返し、これからも生きてゆく植物、延いては動物のためにSoil 土をFertilize 肥沃にするのが菌などの微生物たちの仕事です(Bacteria は、Decompose 分解するのがお仕事で、分解してNature 自然に返していくことでNature 自然そのものをRevived 再生/復活させていきます)のでそれは致し方ないのですが、やはり、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー頑張れ!と思ってしまいます。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗45日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種15日目)

Holy Basil Tulsi Jan 22 2021 4 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 45 Seeds Day 15)


★ 1月22日:
Gekiryokuzai EX ゲキ力剤EX ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif は、「発芽してすぐ与えるといい」と商品説明にはありましたが、Holy Basil ホーリーバジルの場合、少なくともこの位Futaba 双葉が開いてからVitalizer 活力剤であるGekiryokuzai ゲキ力剤を与えた方がいい、ということが判りました。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗45日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種15日目)

Holy Basil Tulsi Jan 22 2021 8 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 45 Seeds Day 15)


★ 1月22日:
Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種Germinated 発芽してすぐ、まだ(上の方の写真にあるように)Roots を下に伸ばそうとしているような段階(まだFutaba 双葉が開いていないような段階)でGekiryokuzai ゲキ力剤 ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif を使用したものは、その後Roots を下に伸ばすことも止めてしまい、そのままの状態で止まってしまったものがあります。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗45日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種15日目)

Holy Basil Tulsi Jan 22 2021 9 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 45 Seeds Day 15)

この事から、Holy Basil ホーリーバジルの場合には、Gekiryokuzai ゲキ力剤はFutaba 双葉がちゃんと開いてから使用する方がいいという事が言えます Note Memo Icon

上で書いたように、私はSpray スプレーを使って、発芽して双葉を出したものからGekiryokuzai ゲキ力剤 ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif を与えていきましたが、大体のSeeds 種がGerminated 発芽して双葉が生え揃う頃まで待ってから、(ピートバンの使用を開始する準備の際に行ったように)水/ぬるま湯にゲキ力剤を適量混ぜたものをCoco Peat Substrate Board ピートバンにかけ、少ししてから余分な水分を受け皿から捨てるようにしてもいいかも知れません。

★ 1月23日:
Indoor Holy Basil 室内栽培ホーリーバジルFungus Gnat Control キノコバエ対策/コバエ対策としてImokoro イモコロ イモコロ Imokoro the Pesticide to Spider Mites Fungus Gnats Scale Insects icon.gif を使っていますが、一時的には収まっても、少しするとまたFungus Gnats キノコバエ/コバエを見かけるような状態が続いていました。Coco Peat Substrate Board ピートバンでも1匹だけ虫よけネットをどうやってすり抜けるのか入り込んでいたのですぐさま取り除き、その後は見かけていませんでしたが、Germinated 発芽したHoly Basil ホーリーバジルの苗が本葉を出し始め、大きくなってきたので、そろそろ耐えられるだろうと思い、ピートバンにもImokoro イモコロを使用してみることにしました。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗46日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種16日目)

Holy Basil Tulsi Jan 23 2021 4 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 46 Seeds Day 16)

この1か月くらい、Indoor Holy Basil 室内栽培ホーリーバジルImokoro イモコロ イモコロ Imokoro the Pesticide to Spider Mites Fungus Gnats Scale Insects icon.gifFungus Gnat Control キノコバエ対策/コバエ対策として使ってきて分かった事は、Imokoro イモコロは朝と夕の2回、Leaves 葉とSoil にたっぷり吹きかけ(このやり方だとうちの室内栽培の植物の場合、500mlのスプレーボトルで2日~3日しか持たないので、「1週間以内にはパパイヤ酵素が分解されてただの水になってしまう」と言われているImokoro イモコロの有効期限内に容易に使い切ることができます)、それを1週間続けるというやり方が今の所一番いいようですが、Imokoro イモコロ イモコロ Imokoro the Pesticide to Spider Mites Fungus Gnats Scale Insects icon.gifのReviews レビューで「イモコロは、毎日使えるそうなので」とありましたが、Holy Basil ホーリーバジルの場合これを500倍希釈で行うと、Holy Basil ホーリーバジルのLeaves 葉の先端が枯れてきますので、【1000倍希釈】で使用した方がいいです。Pest Control 害虫駆除をする場合、速く、そして確実に効いて欲しいので「500倍~1000倍で使用」と言われると、つい500倍を選びたくなってしまいますが、Imokoro イモコロFungus Gnats キノコバエ/コバエの場合で言えば成虫でも1000倍でちゃんと即座に動きを止め殺す事ができますので(うちのコバエで実験済み)、Holy Basil ホーリーバジル自体にDamege ダメージを与えないように「連続使用」する場合(Fungus Gnats キノコバエ/コバエは生きているものを殺す以外に、Soil 土の中に産み付けられた卵を死滅させる必要があるため、他の害虫のように目に見えている分の成虫を殺すだけではなく土の中の卵または卵から時間差で孵って来る小さなキノコバエ/コバエを殺していく必要があるので連続して使用します)【1000倍】で使用することにしました Note Memo Icon

ちなみに、(コバエ退治のように、毎日1日2回スプレーして、それを5日~7日続けるなどの)「連続使用」ではなく、時々使用するくらいでしたら、この位の、本葉が出始めたくらいの小さなSeedlings 苗でも、Holy Basil ホーリーバジルの場合は、Imokoro イモコロの500倍希釈でも問題なく使用することができましたので、対処するPests 害虫の種類によって連続使用する必要のないものの場合には(「コバエハダニのように、卵を産んで繰り返し発生したり、スプレーのかかりにくい細部に隠れていて密かに増殖するタイプ」のものではなく、「蟻や芋虫のように、その場では、または、それ単体では増殖せず、1回で殺せる/除去できるもの」などは)500倍でも大丈夫だと思います。




100%天然素材の虫対策!「イモコロ」40cc 500倍~1000倍に薄めて使用!
イモムシ対策 カメムシ対策 アリ対策 アブラムシ対策 ハダニ対策に

ここから購入できます Kira Kira icon


しかし、Fungus Gnats キノコバエ/コバエが発生してしまった場合、可能ならばSoil 土自体をSuper Grade II スーパーグレード2に替えてしまった方がいいと思います。最近の記事のどこかでも軽く触れましたが、屋外栽培のPots 鉢でFungus Gnats キノコバエ/コバエが発生していたものに、Super Grade II スーパーグレード2でSoil 土の表面に蓋をするように使用したら、そこにはFungus Gnats キノコバエ/コバエが戻って来なかったのに対して、室内栽培のPots 鉢にはSuper Grade II スーパーグレード2の上に、更に、コバエ対策で「虫が好まない」とよく言われている「Akadama 赤玉」に、表面のカビ防止や弱酸性の赤玉のNeutralize 中和の為にIouseki 医王石で蓋のようにしていたのですが、そちらにはFungus Gnats キノコバエ/コバエが戻ってきてしまいました(その為、この1か月弱の間、Imokoro イモコロ イモコロ Imokoro the Pesticide to Spider Mites Fungus Gnats Scale Insects icon.gif で対応してきた)ので、実は、Fungus Gnat Control キノコバエ対策/コバエ対策としてはSoil 土はSuper Grade II スーパーグレード2だけにした方が良かったのではないか(そして一般的な「Akadama 赤玉」はコバエ対策としては世間で言われているほど効き目はないのではないか)という考えに至っています。

その後、「あること」を試したくて(後日記事にします)、その流れで、Wintering 越冬/冬越し中のIndoor Holy Basil 室内栽培ホーリーバジルの鉢の表面に施してあった「Akadama 赤玉」と「Iouseki 医王石」の蓋を取り除き、目減りした部分にSuper Grade II スーパーグレード2を足しておきました; 今の所、(「あること」の影響もあるかも知れませんが)Fungus Gnats キノコバエ/コバエは戻って来ていません Rainbow Icon.gif




【送料無料】くり返し使える!
SUPER GRADE 園芸培土 2 約14L
(スーパーグレード2)
【園芸 培養土】

ここから購入できます Kira Kira icon


海外在住など何らかの理由で、Soil 土をSuper Grade II スーパーグレード2に替えることもできないし、Imokoro イモコロも購入できない場合には、Matches マッチ棒で(マッチに含まれるSulfur 硫黄Fungus Gnats キノコバエ/コバエの幼虫を殺すことができるようです)Fungus Gnat Control キノコバエ対策/コバエ対策ができるようですので、詳しくは「Fungus Gnats Control キノコバエ(コバエ)復活: アルコールスプレーと無機物の土、そして新しい害虫対策にも出会いました 🌿✨」の記事の最後の方に書いてありますので参考にしてみて下さい。

★ 1月27日:
上で触れた「あること」を試す前の段階の、Holy Basil Mid Winter Seeding ホーリーバジル真冬の種まきの経過はこのような感じになっています。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗50日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種20日目)

Holy Basil Tulsi Jan 27 2021 3 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 50 Seeds Day 20)

日本で栽培しやすいように品種改良されたHoly Basil ホーリーバジルであるOya Tulsi オオヤトゥルシー(India インドではOya Rama Tulsi オオヤラマトゥルシーとして認められているそうです)は、やはりある程度のLower Temperature 低めの気温の中でも問題なくGeminate 発芽することができるようで(もしくは、やはり福島のゆうこさんのOya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種が殊更に優秀なのか)、発芽率としては(インドの気候に合っている)Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーや、Dark Opal Basil ダークオパールバジルダークオパールは同じバジル類ですがホーリーバジルではありません)に比べたらダントツに良かったと言えます。

昨年2020年のSummer 夏にHoly Basil ホーリーバジルSeeding 種まきをした際には、発芽率はほぼ100%でしたが、それは今に比べればまだSeeds が新しかったことと、そして何より季節がよくHoly Basil Season ホーリーバジルシーズンの真っ只中で条件が揃っていた事によるものだと思いますが、そこまでの発芽率にはならなくても、Mid Winter 真冬でもHoly Basil ホーリーバジルSeeding 種まきは、Heat Mats ヒートマットGrow Lights 植物育成ライトの助けがあれば可能であるという事が分かりました。




SINJIAlight 植物育成ライトLED 120w相当 暖色系 太陽のような光 フルスペクトル
180個LEDチップ E26口金 水耕栽培用ライト 室内栽培 家庭菜園 (2個)

ここから購入できます Kira Kira icon


もちろんちゃんとHoly Basil ホーリーバジルに適した15℃以上のTemperature 気温になるまで待ってHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種を蒔くのが一番簡単ですし一番いいと思いますが、昨年2020年の経験で言うと、Seeding 種まきから始めるHoly Basil ホーリーバジルの栽培はそれでこそ味わえる素晴らしいものがありますが、実際、少し成長して大きくなったSeedlings 苗のほうがHoly Basil ホーリーバジルPests 害虫Disease 病気に強くなるようですので、まだ寒いうちにIndoor 室内でSeeding 種まきをし、ある程度大きくなった状態で(より病害虫に強くなった状態で)、屋外が暖かくなり15℃を割らないようになったらOutdoors 屋外にSettled Planting 定植するというのも一つの選択肢だと思います。

★ 1月27日:
この時点での経過(結果)を図で表すと、このような感じです。(Egg Case 卵ケースからのSeedlings 苗50日目、Peat Ban ピートバンに蒔かれたSeeds 種20日目)

Holy Basil Tulsi Jan 27 2021 3 - Peat Ban the Coco Peat Substrate (Seedlings Day 50 Seeds Day 20) Explained
小さくて文字が読めない時は、
Click this image to open bigger one
この画像をクリックしてより大きな画像を開きます。

この画像を貼り付けた後に気付いたので画像の修正はしませんが、左から3列目、下から2段目のSeed 種は、Gekiryokuzai ゲキ力剤 ゲキ力剤 Concentrated Gekiryokuzai EX  Vitalizer icon.gif の使用が早すぎた(Germinated 発芽直後のRoot 根になる部分が土へ/下へと伸び始めたばかりの頃だった)ために成長が止まってしまった種なので、「Ungerminated 未」ではなく「Passed away 死」という表記の方が適切かもしれません。

暖かくなり、Holy Basil ホーリーバジルが育つのに合った条件下でSeeding 種まきをするのが最適だと思いますが、体の調子が優れない方や精神的な状態が思わしくない方などがその効果効能の為にHoly Basil ホーリーバジルを栽培したい場合や、私のようにWinter 冬の間でもHoly Basil ホーリーバジルを楽しんでいたい人や、次のシーズン(今年2021年のシーズン: 春から夏/秋)にはOutdoor Holy Basil 屋外栽培ホーリーバジルはSeeds 種からではなく(害虫や病気になる可能性を減らすために、少し強くなった)Seedlings の状態から始めたい方や、ただただ楽しみで暖かくなるのが待ちきれない人は、【太陽の光と気温に恵まれたHoly Basil Season ホーリーバジルシーズン】にSeeding 種まきするよりは、Heat Mats ヒートマットGrow Lights 植物育成ライトの助けが必要ですし、植物用ヒーター植物育成ライトの影響で乾燥が速いためSpray スプレーでの水やりも頻度が上がりますし、どうしても発芽率も下がります; 2020年から2021年にかけてこの冬はやたらCold Waves 寒波が頻繁に来ていた年でしたが、Wintering 越冬/冬越しさせているHoly Basil ホーリーバジルたちがいる部屋は室温計を - 暖気は上に溜まりやすく、寒気は下に溜まり易いので、Circulator サーキュレーター/Fan 扇風機はAir Conditioner エアコンと併用して使用していますが - 室内の低い方のTemperature 温度を知っておくために、床から20cmくらいの高さにも1つ設置してありますが、それでもRoom Temperature 室温計の数字上では明け方でも20℃を割る事は殆どなくHoly Basil ホーリーバジル栽培で必要とされる最低温度と言われている15℃に近づくことは皆無だったのでHoly Basil ホーリーバジルの栽培育成条件としては問題はなかった筈なのですが、窓辺のカーテンの下の1cmもないごく細い隙間から流れ込んでくる冷気を感じることはありましたし、やはり2020年の7月にSeeding 種まきした時よりも発芽に時間がかかったものも多かったですし発芽率も下がりましたが、【不可能ではない】という事が分かりましたので、試してみるのは全然ありだと思います Pink Cat Winking Icon.gif

この2021年第1段の(2020年12月に種まきをした、殆どの子が2021年1月生まれの)Holy Basil ホーリーバジル(と、Dark Opal Basil ダークオパールバジル)たちの様子は、やってみたいと思っていた「あること」も先日試しましたし、今後も経過をこのブログに書いていこうと思っています。今回のHoly Basil Mid Winter Seeding ホーリーバジルの真冬の種まきは、メインは室内でのHydroponic System 水耕栽培の装置の増設の為のもので、余剰分はそのままある程度まで室内で育てて暖かくなったら屋外にSettled Planting 定植する予定でしたが、(Oya Tulsi オオヤトゥルシーは充分にGerminated 発芽してくれたのですが)実は、もう一つくらいMARCHE AOZORA マルシェ青空のKrishna Tulsi Seeds クリシュナトゥルシーの種が発芽したものが欲しかったですし、あともう一つくらいDark Opal Basil ダークオパールバジルが発芽したものも欲しかったので、暖かくなるまで待つか、それともこのピートバンの子たちがもう少し大きくなったら、2月の終わりくらいにでも新たにSeeding 種まきをするか… Holy Basil ホーリーバジルのOff Season オフシーズンのお楽しみはまだ続きそうです Party Smily Icon.gif

とは言え、この記事の下書きを結構時間をかけて書いていたら、Setsubun the day before the beginning of spring 節分も過ぎて暦の上ではもうSpring 春ですから、次のHoly Basil Season ホーリーバジルシーズンHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)たちがまた伸び伸びと気持ちよさそうに育つ季節はもうすぐそこまで巡って来ています Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon

・*:.。.ஜღ Ƹ̵̡Ӝ̵̨̄Ʒ ღஜ .。.:*・゜


この記事を書き終えてから、カーメン君の所でSeeding 種まきに関するVideo 動画も見つけましたので、そちらも参考にしてみてください Gift Icon.gif