Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのWintering 越冬/冬越しのためのCutting Back 切り戻しとFlower Buds Tempura 花芽天ぷら2倍盛り ✂🌿🌿

PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢で室内栽培中のHoly Basil ホーリーバジルOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのFlower Buds 花芽/Spikes 花穂を(Leaves 葉を固くしないために)全て摘み取り、ついでにWintering 越冬/冬越しの為に軽くですがCutting Back 切り戻しをしてサイズダウンしました ✂


★ 10月20日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。室内栽培でWintering 越冬/冬越しに挑戦中)、Flower Buds 花芽をカットする前(2020年のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんの最大値)

Holy Basil Tulsi Oct 20 2020 3 - Oya Tulsi 2gou Morning

Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんは室内栽培のHoly Basil ホーリーバジルの中で一番大きく、屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシー(a.k.a. Sku High Holy Basil スカイハイホーリーバジル)くんにはHeight 身長は敵いませんし、Size of Leaves 葉の大きさで言えばスカイハイ ホーリーバジルの方が断然大きいですが、Bushiness 茂り方でいったらOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんの方が豊かに茂ってくれました。

立派に育ってくれて、有難う Yuki likes you icon.gif

★ 10月23日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。室内栽培でWintering 越冬/冬越しに挑戦中)、全てのFlower Buds 花芽と、すぐにFlower Buds 花芽になりそうな部分をカットしました。Flowers 花が咲きそうになってLeaves 葉が固くならないように、そしてFlower Buds 花芽/Spikes 花穂Home Seed Raising 自家採種するためにWater Culture 水耕栽培に切り替えて暫く育てる為にと慌ててカットした部分が、Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんの最大値の1/3くらいの部分だったので、全てのStems 茎をそれと同じくらいまで切れば「Cutting Back 切り戻し」と呼べるほどかも知れませんが、カットしながら「全部をそこまで小さくしなくてもWintering 越冬/冬越しできるのでは?」と思ったので、長めに残した部分で最大値の2/3くらいにしたので、「軽めの」Cutting Back 切り戻しといった感じです。

Holy Basil Tulsi Oct 24 2020 13 - Oya Tulsi 2gou Evening

これは今日10月24日のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんの様子です。そんなつもりはなかったのですが、遠目で見るとなんとなくHeart Shaped ハート形になりました Sparkling Heart Icon.gif

★ 10月3日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。室内栽培でWintering 越冬/冬越しに挑戦中)の第1弾のFlower Bud Tempura 花芽天ぷらはこんな感じでした

Holy Basil Tulsi Oct 3 2020 30 - Oya Tulsi 2gou HANAME the Flower Buds Tempura Tenpura

この時にカットしたFlower Buds 花芽の両脇のLateral Buds 脇芽が伸びた所がまたFlower Buds 花芽を出したので、次にHoly Basil Flower Bud Tempura ホーリーバジルの花芽天ぷらを作ったら2倍盛りになるだろうと、楽しみにしていました Happy Key Note Cat Icon.gif

★ 10月23日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。室内栽培でWintering 越冬/冬越しに挑戦中)

Holy Basil Tulsi Oct 23 2020 33 - Oya Tulsi 2gou Flower Buds Tempura 2nd

今回は、2回目のFlower Buds 花芽だったせいで(Lateral Buds 脇芽からでたFlower Buds 花芽は第1弾をカットした後、結構すぐに出てきたので)Nutrition 栄養が足りなくなってしまったのかStems 茎のPurple 紫色がFading 退色してしまい、Flower Buds 花芽自体の色も薄かったりしたので、Fertilizer 肥料を与えながら様子見をしていたら、もう前回のHoly Basil Flower Bud Tempura ホーリーバジルの花芽天ぷらから20日も経ってしまったのですね Clock Icon.gif

すぐに次の(第3弾の)Flower Buds 花芽になってしまいそうなところも先にWintering 越冬/冬越しのためのサイズダウンの為にカットしてしまったので、慌ててカットしてWater Culture 水耕栽培にしたHome Seed Raising 自家採種の為のFlower Buds 花芽/Spikes 花穂を除いても、2倍盛りにはなったでしょうか Tempura Icon.gif

ちなみに、Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんが2020年の最大値であったままの大きさで、室内でWintering 越冬/冬越しできなかったかどうかはやってみていないので分りません。ただ、Flower Buds 花芽第2弾を付け始めて(つまり、前回第1弾のFlower Buds 花芽のすぐあとに、第2弾として脇芽からの2倍の量の花芽を付けて)、Yellow Leaves 黄色い葉っぱがちらほらと見え始めて、Menedael メネデールと、Hyponex ハイポネックス微粉の力を借りつつ、黄色くなった葉っぱはどんどんカットしてその分の栄養を本体に回すというやり方で何とか葉が黄色くなることを食い止めたくらい、今のPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢では限界だったのか、それとも第1弾のFlower Buds 花芽を収穫した頃に、すぐにHyponex ハイポネックスを与えて充分なNutrition 栄養を補給していれば、今の鉢のままでもYellow Leaves 葉が黄色くなったりせずに、第2弾のFlower Buds 花芽もFading 退色せずにいけたのか、Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんは1株しか存在しないため、【「What if もし~だったら」は存在せず】、私とOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんが実際に通ってきた道しか存在しないために、その他の選択肢については分りませんが、その時その時で自分がその時その時の「最善」と思ったことをやってきたので、2020年の私とOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのStoryとしてはこれが「最善」であったと思います(起こる全ては、その先のより幸せなより良いより進化した状態へと進むために必要があったからこそ起こっているInevitable 必然ですから、Problems 問題やWrong やってはいけないことや間違いやFailure 失敗などは - Ego エゴにはそう見えても、それは問題でも間違いでも失敗でもないのだから - 起こっておらず、Regret 後悔するべきことなど何もないのですから Lotus Flower Icon.gif)。また他のHoly Basil ホーリーバジルで似たような状況になった時には、またその時の「最善」と思うことを選ぶでしょう。ですから、私がWintering 越冬/冬越しの為にOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのサイズダウンをしたからといって、これはひとつのIdea アイデアであるというだけで、これがHoly Basil ホーリーバジルWintering 越冬/冬越しの為の唯一の方法であるわけではないので、いつでもご自身の育てているHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)のサイズや栄養状態や健康状態から判断して、自由にその時その時のご自身にとっての「最善」を選んでいってくださいね Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon