Holy Basil ホーリーバジルのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんがやっとPurple 紫色っぽくなってきたみたい 💜🎉

Wintering 越冬/冬越しを前提にPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢で室内栽培しているHoly Basil ホーリーバジルKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんにLateral Buds 脇芽が出てきて、何だかPurple 紫色にもなってきているみたいです。

★ 10月6日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん

Holy Basil Tulsi Oct 6 2020 23 - Krishna Tulsi 2gou Evening

昨日の記事で書いたKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんの一件があったので、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんのこのヒョロヒョロ加減も、Spindly Growth/ Legginess 徒長を疑う必要はないのだと思えます Raising Hands Icon.gif

とにかく、うちの室内栽培のHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)たちは、元々Germination 発芽用Egg Case 卵ケースの中に入れていた「ハンギングの土」と「赤玉」に2回のSoil Changing 土の入れ替えを経て戻していったことで、やっと元々のあるべき状態を取り戻し始めているようです Home Icon.gif



ハンキングバスケット用に作られた専用培養土ですので、
軽量で保水性・排水性に優れています。
ハンギングの土 1.2L [用土 使い切りシリーズ]

ここから購入できます Kira Kira icon

うちではOya Tulsi オオヤトゥルシーKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーも、この「ハンギングの土」と「赤玉」のブレンドで、その特徴であるPurple 紫色が出現しました 💜



関東ローム層と呼ばれる茶褐色の粘土質の土で、粒状に選別してあるので、
通気性・保水性・排水性に優れた園芸全般に使える土です。
赤玉土 小粒1.2L [園芸 用土 肥料]

ここから購入できます Kira Kira icon


2度目のSoil Changing 土の入れ替えで完全に「ハンギングの土」と「赤玉」のブレンドのみの状態(Germination 発芽時と同じ状態)に戻り、それ以降は、週に1回のMenedael メネデールと、(途中1回だけ、少しだけOrganic Lime Fertilizer 有機石灰をパラパラと撒いたかも…。それとMushrooms/Fungus キノコが生えてくるのを止める為に殺菌効果の強いUsed Holy Basil Tea Leaf ホーリーバジルティーのお茶殻を土の表面に敷き詰めました ☞ 実は結局、Oya Tulsi オオヤトゥルシーの鉢には生えず、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーの鉢にだけ繰り返し生えたので、Used Holy Basil Tea Leaf ホーリーバジル茶のお茶殻をパラパラ蒔いた程度ではなく、Soil 土の表面を覆うようにして敷き詰めたら、やっとMushrooms キノコの発生が止まりました)あのHomemade Beet Broth Fertilizer ビーツの煮汁で作る肥料 を与えたくらいですが、日に日に良い方へと進んでいるように見えます Cracker icon

【順調な時も、順調ではない時も、そのどちらもが欠くことのできないもの】:
うちのHoly Basil ホーリーバジルPurple 紫色Fading 退色していってしまった時のように、何かよく解らない事が起こってそれを解ろうとしてそれに夢中で向き合っている時も楽しくて仕方がないですが、育てているHoly Basil ホーリーバジルたちが幸せそうにスクスクと成長していっているのを見るのもまた、その変化が面白くて仕方がないのです Smiling Face With Heart Shaped Eyes Icon.gif Smiling Cat With Heart Shaped Eyes Icon.gif

★ 10月6日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん

Holy Basil Tulsi Oct 6 2020 24 - Krishna Tulsi 2gou Lateral Buds Evening

Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんは、Acidic Soil 酸性の土が混ざっているPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢に定植されてから、元々発芽用Egg Case 卵ケースの中ではPurple 紫色の葉っぱを付けていたのに、徐々に葉っぱからはPurple 紫色が抜けてしまい、それと同時にStem 茎の色がPurple 紫色になりましたが、そのPurple 紫色はそれ以降Fading 薄くなってしまったりすることなく、Stem 茎が伸びていっても保たれていました。その事は、Settled Planting 定植が早すぎてまだPurple 紫色が出現する前にAcidic Soil 酸性の土に定植されてずっとGreen 緑色のままだったKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんに比べたら、またPurple 紫色が戻って来る可能性は大いにあるように感じさせてくれていました 💜

定植後しばらくは、下の方にはLateral Buds 脇芽は出ていましたが、上に伸びる方が優先されていたのか、他の個所には脇芽は中々出てこなかったのですが、「ハンギングの土」と「赤玉」に戻して以降(Menedael メネデールやBeet Broth Fertilizer ビーツの煮汁で作った肥料も与え始めたので、何か効いたかとは - 全てが必要なプロセスであり「何かだけ」ではないでしょうから - 言いづらいですが、一番大きな要因はやはりSoil 土からAcidic 酸性の要素を抜いたことだと思います)、上に伸びるスピードも速まり、各段の茎の分かれ目にはLateral Buds 脇芽が出始め…

★ 10月6日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん

Holy Basil Tulsi Oct 6 2020 25 - Krishna Tulsi 2gou Getting Purple Evening

Leaves 葉っぱの色が少しづつですが変わってきました。先ず下の方の葉っぱの色が変化してきたのですが、その時は、茶色っぽくなっているのか、それが葉っぱのGreen 緑色と重なったPurple 紫色なのかちょっと見分けがつきにくかったので、変なサインではないといいけど…と思いつつも様子見をしていました。その後、Beet Broth Fertilizer ビールの煮汁で作った肥料を与えた辺りから、上の方の葉っぱにも変化が表れ始めて、葉っぱの外側の縁が黒っぽくなってきました。その頃「これはもしやPurple 紫色が戻ってきているのでは?」と思い始め、そしてある日、窓越しに太陽の光が差し込んでいる時に、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんのLeaves 葉っぱを観察していたら、普通に葉っぱを見ているとGreen 緑色の葉っぱに黒っぽい縁があるようにしか見えないのですが、葉っぱを傾けたりしているうちにIridescent 玉虫色のように「角度によって見える」という感じで、葉の表面に薄っすらとPurple 紫色がかかっているのが見えました(その微妙な角度でしか見えないPurple 紫色は流石に写真には写らないと思ったので、その時は写真を撮っていませんが、私が知っていればそれで充分です Blink Icon.gifKira Kira icon)。

【2度目の土の入れ替えのヒストリー】:

9月11日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシー1号くん(Hanging ハンギング)と、福島のゆうこさんから分けて頂いたOya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種から発芽したホーリーバジルトゥルシー)を植えてあるPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢(置き型・完全室内栽培)の土の入れ替え。

9月12日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(Hanging ハンギング)と、今年最後にEgg Case 卵ケースから定植されたKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの入った置き型で完全室内栽培のPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢の土の入れ替え。

8月21日:
Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(Hanging ハンギング・PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢)と、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くん(Hanging ハンギング・CS Pot スリット鉢)の土の入れ替え。

※ ちなみに1回目のSoil Changing 土の入れ替えは(初回は初めは一番順調に育っていたOya Tulsi オオヤトゥルシー1号くんの除いて他の子たちはまだみんな小さかったので、Roots 根を傷つけないようにと完全にはAcidic Soil 酸性の土を取り除けなかった)、8月21日。

★ 10月2日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くん

Holy Basil Tulsi Oct 2 2020 29 - Krishna Tulsi 1gou Lateral Buds Evening

実は、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんも、8月21日の1度目のSoil Changing 土の入れ替えの効果がジワジワと表れてきていて、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん程ではありませんが、下の方から薄っすらと少しづつPurple 紫色がかってきていました。それが、2度目のSoil Changing 土の入れ替えやBeet Root Broth Fertilizer ビーツの煮汁で作った肥料を与えた後は、少し濃くなり、更に上の方の段へと上がってきています。それは、古くなり=成熟したStems 茎からPurple 紫色が出現して、成熟度合を増すとPurple 紫色も増すような感じで、一番上の段はまだ伸びて間もないためGreen 緑色ですが、そこまでは下に下がるほどにPurple 紫色が濃い感じです。が、やはり、まだKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんのStem 茎のPurple 紫色に比べれば薄いですが、それでもずっとGreen 緑色だったKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんが、今はまだStem 茎だけであってもPurple 紫色が出現し始めた、という事は私にとってはとても大きな変化であり、とても嬉しい変化です Kusudama Confetti Ball icon.gif

変化はもちろんPurple 紫色だけでなく、この写真が10月2日の写真ですが、Top Pinching 摘心された箇所の一段下の段のLateral Buds 脇芽が、目に見えて成長スピードを加速して大きくなり始めていて、それだけでもKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんが幸せそうな様子(今の環境や条件に満足し幸せであるから、順調に成長するわけですから)を見て私も充分幸せな気分になれていたのですが、

★ 10月6日:
Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くん

Holy Basil Tulsi Oct 6 2020 26 - Krishna Tulsi 1gou Evening

ここ数日のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんの成長は更に目覚ましく、この箇所のLateral Buds 脇目もたった4日でこの伸び方。楽しいぃーっ Champagne clinking glasses iconKira Kira iconBottle with popping cork Icon.gif

★ 10月6日:
今日空 キョウソラ

Beautiful Sky Oct 6 2020

ここ数日は曇りの日が続いていましたが、今日は雲の間からBlue Sky 青空が顔を出しました。Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)が外に出せる気温であるうちに(気温15℃以上)、できるだけSunlight 太陽の光を浴びさせて、(Cancer 癌とも戦えるほどの強力な免疫力を齎すVitamin D ビタミンDは体内に余剰分は蓄積され貯めておけるのですが、そのような感じで)Holy Basil ホーリーバジルが太陽から得ているものを冬の間の外に出られない期間の分を、少しでも貯えさせてあげたいと思っていますので、雲の割れ目からBlue Sky 青空が見え光が差して来たらすかさずSunbathing 日光浴です Sunny Sun icon

夏の間はお外が楽しくて中々家の中に帰りたがらないうちのCat が満足するまで私の方が待っていなくてはいけなかったのですが、最近では風がサラっとしていて涼しくて、屋外栽培のHoly Basil ホーリーバジルたちのお世話をするのも随分と心地良い季節になり幾らでも観察していられますので、今は一度外に出ると、うちのCat の方が入り口に向かって座って「帰ろうよ」という感じで私を待っています Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon