Holy Basil ホーリーバジルはSelf Pollinating/Self Fertile 自家受粉:Oya Tulsi オオヤトゥルシーの花芽に丸いCalyxes がくが出た 🌼

室内栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシーにも屋内栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシーにも、Flower Buds 花芽の付け根にあの丸いCalyxes がく(?)が付きました。Holy Basil Seeds/Oya Tulsi Seeds ホーリーバジルの種/オオヤトゥルシーの種福島のゆうこさんに送って頂いた際に、ウットリするような良い香りのHoly Basil Spikes/Oya Tulsi Spikes ホーリーバジルの花穂/オオヤトゥルシーの花穂も一緒に頂いたのですが、その時にSeeds 種はこのRound Calyxes 丸いがくの中にあったと記憶しています。

★ 10月19日:
室内栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。Wintering 越冬/冬越しに挑戦中)

Holy Basil Tulsi Oct 19 2020 3 - Oya Tulsi 2gou Started to have Round Calyxes Morning

これこれ。この丸いものが集まってお花のようなカタチになったもの。多分Calyxes がくだと思うのですが、ここまではとんがったラインが多かったOya Tulsi オオヤトゥルシーですが、急にここだけRound 丸いのが印象的です。

★ 10月19日:
屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫避けネット/防虫ネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくん(Sky High Holi Basil スカイハイ ホーリーバジル)にも丸いCalyxes がく。

Holy Basil Tulsi Oct 19 2020 11 - Oya Tulsi with Insect Repellent Screen Round Calyxes Morning

この丸いものが集まってお花のようなカタチをした部分は、最近になって「出てきた」のか、「見えてきた」のか分かりませんが、急に目立ってきました。

※ 室内栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんと屋外栽培のPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんがGreen 緑色とPurple 紫色で色が違うという話は、前回の「室内栽培のHoly Basil ホーリーバジルOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのFlower Buds 花芽第2陣は何故かGreen 緑色のまま 🌿😲」に書いてああります。

実は、屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫避けネット/防虫ネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんがFlower Buds 花芽を付けてから、「そう言えば、Insect Repellent Screen 虫よけネットの中に居ると、Butterflies 蝶々やBees 鉢が花粉を媒介することはないのだけれど、Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫避けネット/防虫ネットの中で育てているHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)のPollination 受粉はそうするのかしら?」と疑問に思ってGoogleで調べていました。しかし、Holy Basil ホーリーバジルをPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫避けネット/防虫ネットの中で育てている人が少ないのか、Holy Basil ホーリーバジルPollination 受粉について書いてある所が殆どなく、お忙しい所お手数をお掛けして申し訳けないとは思いましたが、元々Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫避けネット/防虫ネットの中でHoly Basil ホーリーバジルを育てるというIdea アイデアを教えて下さった福島のゆうこさんに質問させて頂きました Running Cat Icon.gif

★ Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)はSelf Pollinating/Self Fertile 自家受粉

Self Pollination and Cross Pollination Holy Basil Tulsi is Self Fertile Plant

Self Pollination 自家受粉Cross Pollination 他家受粉についてはこちら ☞ 自家受粉と他家受粉~長所と短所および受粉システムの違いとは?で教えて下さっています(画像をお借りしました。上の画像をクリックするとOriginal Larger Size オリジナルの大きめサイズを開きます)。Self Pollinating/Self Fertile 自家受粉の中にも、Same Flower Pollination 同花受粉Other Flower Pollination 他花受粉があるのですね Note Memo Icon

福島のゆうこさんに頂いたお返事によりますと(以下引用)

ネットをかけていても充分種はできるようです。
バシ友のさつまおごじょさんからの
(「にわかおごじょさん」かも知れません?)
メール文にて説明すると、、

植物(野菜なども)には種を作るのに雌花と雄花が個々の花粉に交配しないと実(種)に成らない物と
一個の花だけで成る、その一つの花だけで受粉する種類があるのですが~
ホーリーバジルは風などで受粉できる後者の類だと思います~

という事で
ひとつ花が咲いたようですので
(花芽を付けたと書いたのを読み違いされたようです Flushed Face Icon.gif 花は未だなんです Gentle-Smile-Icon.gif
ほぼ間違いなく種はついてくれると思います。

(引用ここまで)

安心しました Cherry Blossom Spinning Icon.gif 福島のゆうこさんに質問に行く前までは、やはりInsect Repellent Screen 虫よけネットの中でHoly Basil ホーリーバジルFlowers を咲かせたら、咲いた花の一つを取って他の花にちょんちょんと付けてあげてPollinate 受粉させないといけないかしら?」と考えていたのですが、福島のゆうこさんとにわかおごじょさん(さつまおごじょさん?)のおっしゃるには、Holy Basil ホーリーバジルSelf Pollinating/Self Fertile 自家受粉する植物で、しかも、この図でいう所のSame Flower Pollination 同化受粉にあたるようです。それ故に、一つでもFlower が咲けば、ほぼ間違いなくSeeds は付いてくれるということですね Yuki likes you icon.gif

福島のゆうこさんのお返事で、より一層Holy Basil ホーリーバジルFlowers お花が咲くのが楽しみになりました Cracker icon 福島のゆうこさん、にわかおごじょ/さつまおごじょさん有難うございました Folded Hands Appreciation Prayer Namaste icon

福島のゆうこさんにお返事を頂いてほっとひと安心したら、そこで「ふと」新しいIdea アイデアが浮かんできて、今まで「ホーリーバジル 受粉Holy Basil Pollination)」という感じで検索していたのですが、「バジル 受粉Basil Pollination)」で調べてみたらいいのでは?と思い立ち(Holy Basil ホーリーバジルも、シソ科バジル類ですので)、改めてGoogleで検索してみました Computer Icon.gif

以下、参考になるサイトを挙げておきます Light icon

週末ファーマーによる自然農の野菜栽培内「バジル(バジリコ)、フェンネル、オレガノなどの栽培」より引用

Basil バジルHome Seed Raising 自家採種
自家採種ハンドブックでは他家受粉となっていた。私が最初に苗を買ったときは2、3本あり、それから3回続けて自家採種していても発芽しているのだから、近交弱勢は少ないのかもしれない。シソは1本だけで結実し、翌年もたくさん発芽したことがあったから、バジルも自家受粉するのかもしれない。他品種のバジルと交雑する。(Basil バジル類同士では交雑しやすいHoly Basil ホーリーバジルChemo Type ケモタイプと言われますが、それも含めてのことかも知れません
採種は、花茎の一番上のサヤまで茶色くなったら、花茎ごと切り取って、紙の上でサヤを指でもめば種が落ちてくる。

引用ここまで。


Yahoo 知恵袋より引用
Sweet Basil スイートバジルSelf Pollinating/Self Fertile 自家受粉
室内でスイートバジルを育てていたら年を越しました。
今年の夏で2年目ですが、どうやら自家受粉?したようで種ができました。
去年はできなかったのに、今年初めてです。
一株しかないので自家受粉だと思っているのですが
隣に唐辛子の植木鉢を置いていたので、唐辛子との交配もあるのかと気になりました。
唐辛子は2つだけ実がなりました。
お詳しい方いらっしゃいますか?

ベストアンサー:
自家受粉しますよ。唐辛子はナス科ですがバジルはシソ科ですから交雑はないよ。

あと、バジルは多年草です(寒さに弱いので唐辛子も日本では1年草扱い)。
沖縄では越冬栽培可能ですが気温10度を下回ると枯れ始めます

引用ここまで。


烏楠(からすぐす)さんFacebookより引用

譲っていただいたバジル。花の開花が続きます。種をとるための株なのです。受粉はどうしたらいいのでしょうか?と伺うと、シソ科の植物(Basil バジル類はシソ科)は自家受粉するとのことで放っておけばいい、心配ならたまに揺すってみたらとのことでした。

引用ここまで。


という感じで「Basil バジル Pollination 受粉」というキーワードだったら、参考になる情報がいくつか見つかりました。私のように「Holy Basil (Tulsi) Pollination ホーリーバジルトゥルシー受粉」というキーワードで情報を探している方がいらっしゃれば、今後、この記事にある情報が参考になれば幸いです Gift Icon.gif

今回、Holy Basil ホーリーバジルPollination 受粉について調べていて出会った週末ファーマーによる自然農の野菜栽培さんの所で、もう一つ注目している点があります。

以下引用:

害虫
毎年、夏になって花が咲くころになると、「ベニフキノメイガ」という蛾の幼虫のイモムシ、体長15ミリくらいが、茎の先端のやわらかい葉を糸でつづった巣を作り、葉を食べたり、茎をかじったりする。ベニフキノメイガは、シソやミントなどシソ科のハーブにも発生する。ベニフキノメイガが多発すると丸裸にされてしまうが、バジルは生育が旺盛なので、私はほとんど放置している。

引用ここまで。

以前にもブログのどこかでサラリと書きましたが、私も基本的には【Insects 虫でも他のAnimals 動物でも、彼らも食べていかなくてはいけない】と思うので、育てている作物を食べてしまうBugs 虫や他のAnimals 動物がいたとしても、折角育てた作物が気が付くと無くなってしまったり台無しになってしまうのは残念という気持ちはよく分かりますが、必要以上に敵視するのは好きではありません。Nature 自然(Insects 虫や他のAnimals 動物たちを含めて)は、Humans 人間のルールとは関係なく生きていますから、Humans 人間が自分たちだけの利便性の為に勝手にでっち上げた人間独自のルールに彼らが従うとしても従わないとしても、それは彼らが無知であるからではなく、彼らには彼らが果たすべき使命があるから(第一に「自分に与えられた『自分』という存在として」「生きること」)ですから、それを誰も責めたり否定したり、本当の意味で止めることはできないのです。例えば、人間の子供が山奥や森に捨てられて動物達と育ったという話が時々ありますが、Animals 動物たちはその人間の子供を「お前はAnimals 動物ではないから(Humans 人間も - 多くの人は忘れていますが - Animals 動物ですしNature 自然の一部です)、ここに属していないから、ここから出ていけ」と、自分が相手に対して「Fear 恐れ=Ego エゴ」を感じるという理由だけでHunting Rifle 猟銃を向けてやみくもに殺してしまうことはなく、あるものは人間の子供でも守り育て、他のものは「ここで生きるも死ぬも、好きにすればいい」とRespect Freedom 相手の自由を尊重するという形で、Accept 目の前に在るものをあるがままに受け入れる(=Zen 禅・「Love 愛=God 神様」)からこそ、それは起こったわけです。 Humans 人間が山奥や森から自生しているキノコや果実や時には木そのものを収穫したとしても、Animals 動物たちはHumans 人間に向かって殺虫剤を撒き毒殺するようなことはしないように、ある程度「相手もそれを必要としている」という相手の立場を見失くことなく、Humans 人間もMeet me in the middle 中間で落ち合うという形でCoexist 共存する道を、私は好みます。

The more we try to control nature the more imbalanced our world becomes. - Fennel Hudson
私たちが自然・ネイチャー(本当の性質・本来の姿・本質)を
コントロールしようとすればするほど、
私たちの世界はバランスの崩れたものとなる。 - フェンネル・ハドソン

私もHoly Basil ホーリーバジルを育て始めるまでは、Lazy ズボラな私でも自然と育ってくれるようなPlants 植物(殆ど虫が付かない)ばかりを育てていたこともあり、タンポポの種がどこからか飛んできてMoss Covered Pot 苔むした鉢に根をおろせば、花を愛で、種が飛んでいくのを楽しみ、その間に、Butterfly 蝶々がどこかに卵を産んだのか、ある日小さなCaterpillar 青虫がでしたので一日のうちに殆どの葉っぱを食べてしまった事がありましたが、「それは彼にとって必要なこと」として放っておきました。私は元々Insects 虫が得意ではありませんが、積極的に殺したいとも思いませんので、家の中に換気扇や出入り口から入って来てしまう虫は、いつもは透明のカップに入れてから、外に出すようにしています。小さくて黒いSpiders クモがうちにはよくいますが、家族みんなが彼らのことをSpidee スパイディと呼んで、彼らのJourney 旅路(Life 人生)が幸せであれと見守っています(彼らが危ない場所にいれば、安全な場所に移動させますし、水に溺れそうになっていれば助けますし、それでも亡くなれば胸が痛みます)。

★ 9月3日:
当時Neem Cake ニームケーキPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢の中で固くなってしまいNeem ニームNeem Cake ニームケーキ=ニームの種を絞りニームオイルを採った後の搾りかす=ニームの油かすは絶対に土に混ぜ込んではいけません。Neem Cake ニームケーキは土の表面に撒いて白カビのような放線菌が出てきたら軽く土の表面だけを耕す感じで使わないと、好気発酵することができず嫌気発酵=メタン発酵になりドブのような匂いがして土を固くしてしまい、植物を弱らせてしまいます)元気がなくなっていたOya Tulsi オオヤトゥルシー1号くんの鉢によく遊びに来ていたSpidee スパイディ

Holy Basil Tulsi Sept 3 2020 40 - Spidee still liking Oya Tulsi 1gou Evening

私がSpidee スパイディが居ると知らずにスプレーで葉水をすると慌てて飛び出してカーテンに移動するのですが、葉水が終わるとまたOya Tulsi オオヤトゥルシー1号くんのPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢に戻る、といった感じでした Gentle-Smile-Icon.gif

そして今年の7月から、Holy Basil ホーリーバジルを育て始めて、育てても育ててもLeaves 葉っぱがベージュっぽくなったり透けてグレーっぽくなったりしてしまうのを見て、Bugs 虫のJourney 旅路(Life 人生)が幸せであれと願うのと同じように、Holy Basil ホーリーバジルのJourney 旅路(Life 人生)が幸せであれと願いますから、Neem Seed Oil Spray ニームシードオイルスプレーを使うことにしました; 殺虫剤のような強いChemical ケミカルは、それを食べる自分にも、一緒に暮らしているうちのCat の為にも、外で時々遊びに来るBirds たちやCats たちの為にも、そして育てているPlants 植物の為にも、安全という見地から昔からなるべく使わないようにしている(ケミカルが混ざっていることを知らずに使用している事はあるかも知れませんが知っていたら使っていません)ので、「害虫には効果を発揮するが、益虫や脊椎動物には害をなさない」というNeem ニームInsect Repellent 害虫忌避効果(殺す以前に、そもそも初めから寄せ付けないようにする=【棲み分け】をする)を主たる目的として使うことにしました。だから育てている作物を守りたいという気持ちはよく分かります。ただそれと「食べること=生きること」の為に育てている作物を食べるInsects 虫やAnimals 動物を「Hostile 敵視する」こととは、決して同じではない: あくまでも私は、相手の立場を理解してMeet me in the middle 中間で落ち合いましょうというCoexistence 共存のスタンスでいたいです。ですから以前にもお話ししましたが、目指すところは、


Nature: Holy Basil Tulsi knows their own way


Tulasi (Tulsi/Holy Basil) is a worshipable plant
so there is no question of using any sprays.
The best thing is to simply daily water tulsi devi and keep her clean.
Nothing else is required.”

トゥラシートゥルシー/ホーリーバジル)は尊敬/崇拝に値する植物である
故に、いかなるスプレーも使う必要があるかどうかという疑問は存在し得ない。
女神トゥルシーに、シンプルに日々水をやり彼女を清潔に保つことこそが一番/最善である。
他のいかなる事も、必要とされていない(要求されていない)。”


ここです。

今ちょうど、Holy Basil ホーリーバジルたちが充分に育ったことと(元々Holy Basil ホーリーバジルにはInsect Repellent 虫よけ/害虫忌避効果があります。Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーを長く育てていらっしゃる方はRoaches ゴキブリを見なくなったといいます)、多少、気温が下がった影響もあり(とは言え、この位の気温の低下では、数は少なくなりましたが、虫はいなくはなりません。Holy Basil ホーリーバジルにはもうSpider Mites ハダニはいませんが、Mugwort ヨモギには以前ほどではありませんがNeem Seed Oil Spray ニームシードオイルスプレーを使っていても少しは居ますし、少し前にAcidic Soil 酸性の土に株分けしたオリヅルラン、これがいつもはいとも簡単に育ってくれて真冬でも真夏でも全く何も問題なくもう何年もうちに居てくれる植物なのですが、今回の株分けは成長に余りに時間がかかっていたので、土をAlkalize アルカリ化して様子見していますが、調べてみるとランは通常Acidic Soil 酸性土壌を好むようなので、今なお様子見中ですが、Acidic Soil 酸性土壌に株分けした頃は、夏によく見かけた黒くて羽の生えた小さい小さい虫がよく周囲で見られ、Soil 土をAlkalize アルカリ化するとあの虫も居なくなります)、虫をほとんど見ることがなくなったため、今はNeem Oil Spray ニームオイルスプレーも時々Mugwort ヨモギにスプレーする以外は殆ど必要ありませんし、10月に入って今年は雨の日も多いこともあり、今は水やりも数日に1回、私はつい手を掛け過ぎてしまうので、土が乾いてきたタイミングを見計らって水やりをする練習をしていて(India インドの方はHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)はあの暑いインドででも5日に一回くらいの水やりでいいとおっしゃいますし、Holy Basil Leaves ホーリーバジルの葉を触って、少ししなっとしてきたらWater 水をやると、私が参加しているHoly Basil ホーリーバジルのコミュニティーの主催者であるIndia インドの方もおっしゃっています)、それ以外は葉水もしていませんので、私の理想に近い形でHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)と向き合うことができています。

また来年になりSeeds 種からHoly Basil ホーリーバジルを育て始めれば、小さい頃のHoly Basil ホーリーバジルに対して、面倒を見過ぎてしまうようになってしまうかも知れませんが、なるべく冬のうちにIsenct Repellent 害虫忌避効果のあるSoil 土づくり(虫が好まない赤玉=弱酸性を混ぜ込みつつ、Organic Lime Fertilizer 有機石灰=アルカリ性やMillion ミリオン=アルカリ性を用いてAlkalize アルカリ化し、虫のいない冬の間にInsect Repellent 虫よけ効果もあるNeem ニーム土の表面に撒き好気発酵させておくなど)をして、Insects 虫と戦うのではなく、Insect Repellent 虫よけ/害虫忌避をして、互いに【棲み分け】できる環境作りをし、今のような距離感でHoly Basil ホーリーバジルを育てることができるといいな、と思います(そうした土づくりをするとなると、「こぼれ種からの発芽」は土づくりの際に土を掘っくりかえしてしまうので見込めないため、自然とこぼれてしまった分は仕方がないですが、Spikes 花穂は放置せずSeeds 種は収穫しようと思っています。そしてもしかしたら、現在室内で栽培しているHoly Basil ホーリーバジルの一部をカットしてそれからRoots 根を出させるという形でCuttage 挿し木を屋外に植えるという形で、もしくは、既に育っているHoly Basil ホーリーバジルの挿し木を数本植えた上でその周りにHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種を蒔くという形で、来年屋外でのHoly Basil Season ホーリーバジルシーズンを始めることで、今年のように小さいHoly Basil ホーリーバジルにInsects 虫が付くことを心配することなく、既にInsect Repellent 害虫忌避効果を発揮できる状態まで育ったHoly Basil ホーリーバジルによって、シーズン初めから今のような状態を維持することが可能かもしれません Light icon)。

究極的には、「Holy Basil ホーリーバジルのOya Tulsi オオヤトゥルシーのFlower Buds 花芽がズンズン育ってInfinite 無限の宇宙🚀」で書いたように、

今の私はどこかPerpetual Spring 常春の地に、“100 Acre Wood 100エーカーの森”が欲しい: Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種を豪快にばら撒いてWinter 冬に枯れることなく生きるHoly Basil ホーリーバジルと暮らしたい Blowing a kiss icon.gif

です。都心に住んでいる今は小さなPlanters プランターやPots 鉢にいくつかだけHoly Basil ホーリーバジルを育てていますが、これが広い所にHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)を沢山植えることができるようになれば、今年の私のようにいちいち一株づつの面倒など見れない為にもっと手放しでHoly Basil ホーリーバジルを育てることができるでしょうし、多くのHoly Basil ホーリーバジルが育っているのであればBugs 虫にだって、近くに住むAnimals 動物たちにだって、幾らでも分けてあげられるから(Stingy ケチくさい=「Fear 恐れ=Ego エゴ」=自らを下方へと引き摺り下ろす力 Down Blue Icon.gif。Generous 気前のいい=「Love 愛=God 神様」=自らを上方へと引き上げる力 Up Red Icon.gif。ですから私はいつでもGenerosity 気前のいいことを好みます Smiling Face with Hhearts Icon.gif):

どうせ彼らはHumans 人間と違って、必要のないものをいたずらに食べたり荒らしたり、必要のない分まで独占的に抱え込んだりすることなどなく、彼らが食べる場合は、それは彼らがNature 自然に元々化されている「生きる/自分として存在する」というCalling 使命/Purpose 目的の為に必要があるからこその事であるのだから Spinning Blue Marble Icon.gif Red Heart Icon.gif Dove of Peace with Olive Tree Icon.gif

一つ私が大好きなYouTube チャンネルChunk The Groundhog グラウンドホッグのチャンクをここに付けておきます。



このYouTube チャンネル、Chunk The Groundhog グラウンドホッグのチャンクの事を知ったのは、初めはThe Dodoの動画でした。

この動画を見た時に、このGarden ガーデン/お庭の持ち主の方の懐の深い「Love 愛=God 神様」Up Red Icon.gifの思考に、大変共感しました。ですからすぐにご本人のYouTube アカウントを探してそちらChunk The Groundhog グラウンドホッグのチャンクをフォローすることにしました。それからずっとChunk チャンク(今年はChunk チャンクの子供たちも生まれました)やGarden ガーデン/お庭の主の方の考え方に癒されています Smiling Face With Heart Shaped Eyes Icon.gif Smiling Cat With Heart Shaped Eyes Icon.gif

元々彼は彼のGarden ガーデン/お庭でお野菜などを育ててGardning ガーデニングをしていましたが、ある時から作物に齧られた跡のようなものが見られるようになりました。それまでPests 害虫の被害に遭ったことはありましたが、それまでの害虫被害とは様子がちょっと違う。作物にダメージを与えている原因を探ろうとして、お庭にCamera カメラを設置しました。オオカミやカラスや他の動物たちはお庭に来ても長居はしませんが、一日に3回ほど現れては、カメラの前を陣取りカメラの方を見ながら野菜を食べ続ける動物が居ました。それがGroundhog グラウンドホッグのChunk チャンクでした。初めのうちはGarden ガーデン/お庭の作物がダメージを受けて、しかも、カメラの前に堂々と立ちカメラを見つめながら悠遊とお野菜を食べるGroundhog グラウンドホッグに腹が立ちました。その為、Garden ガーデン(お野菜を育てている区画)のフェンスを高くしたり、フェンスの下を掘られないようにLogs 丸太を置いたりもしましたが(作物にダメージを被りたくない、Groundhog グラウンドホッグに分け与えたくないという「Fear 恐れ=Ego エゴ」からの行動 Down Blue Icon.gif)、結局、Groundhog グラウンドホッグがGarden ガーデンに入ってしまうのを止めることはできませんでした(「Fear 恐れ=Ego エゴ」からの対策に対する結果は、最終的にはいつも Down Blue Icon.gif)。ところが、Camera カメラとSmartphone スマホを連携させてGroundhog グラウンドホッグのChunk チャンクが現れると電話に通知がくるようにして毎日カメラに映るChunk チャンクを見ていたら、次第にこれも中々良いものだと思うようになります。彼のハートをChunk チャンクが射止めるのに1週間しかかからなかったそうです。そこで、「どうせ作物であるお野菜を食べられるのなら」とGroundhog グラウンドホッグやOther Animals 他の動物達用に、カメラの前にお野菜を充分に食料として置いてあげるようにしました(分け与える=Generosity 気前良さ=「Love 愛=God 神様」からの行動 Up Red Icon.gif)。その後、Chunk チャンクはやがてNibbles 二ブルズという奥さんがいて、結局はご夫婦だったことも分かり、10月の終わりにはGrondhog グラウンドホッグはHibernating 冬眠の為に沢山お野菜を食べ初め11月の初めには冬眠に入りました。来年の2月まで会えなくなると思うと寂しく感じました。Garden ガーデン/お庭の持ち主は言います:

We Coexist.
This is his land too.

私たちは共存するよ。
この土地は、彼らの土地でもあるのだから。


Sharing 分け与えることで彼のGarden ガーデンの作物のVegetables お野菜はAnmals 動物たちに食い荒らされる被害はなくなりました Up Red Icon.gif 当然ですよね、Animals 動物たちは「生きる/存在する」ために必要な食糧があるのですから、わざわざフェンスのあるGarden ガーデンなどに苦労してまで入る必要などなくなったのですから。

これが「Love 愛=God 神様」からの行動、Generosity 気前良さの本当の力です Red Heart Icon.gif Up Red Icon.gif Crown Icon.gif

彼らAnimals 動物たちは「生きる/存在する」という与えられたCalling 指名/Purpose 目的の為に、必要があるからこそ、危険を冒してまでHumans 人間の育てた作物や、Humans 人間が出すゴミの中に在る食べ物を探してまで食べているだけで、本当はHumans 人間というNature 自然からしたらまだ魂が未熟で足るを知らずにどこでもかしこでも食い荒らす生きものの傍になどTroublesome 問題が多すぎて面倒が多すぎなので好き好んでなど近寄りたくないですよ Grinning squinting face icon それでも、山や森など動物たちが生息しているエリアに食料が不足しているなど、そうしなくてはいけない理由が必ずあるのですから、食べ物を与えれば自分たちが棲みやすい場所に帰って行く(もしくは彼らが棲んでいるエリアに食べ物が充分ある状態にすれば、彼らが棲んでいるエリアから出てこない)のは当たり前の事です: それ故に、こちらの動画のGarden ガーデンにやってくるChunk チャンク以外の動物は長居をしないのです(Chunk チャンクは元々カメラのすぐ前にあるShed 物置小屋の下に住んでいました)。

今後も、週末ファーマーによる自然農の野菜栽培さんや、Chunk The Groundhog グラウンドホッグのチャンクさんのように、Pests 害虫やGardn ガーデンを荒らしたり作物を食べたりするAnimals 動物たちに対して大らかでいられる、小さなことを気にしないでいられるHoly Basil ホーリーバジル栽培が私の目標です Kirakira Cat Icon.gif

Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫避けネット/防虫ネットの中で育てているHoly Basil ホーリーバジル以外の、ネットをかけていないHoly Basil ホーリーバジルたちにFlowers お花が咲いたら、(10月下旬にまだ居るのか分かりませんが)Butterflies 蝶々やBees 蜂たちがNector ネクター/花の蜜をうちのHoly Basil ホーリーバジルから存分に持って行って欲しいと思います Flower and Bee Icon

今年は7月からとスタートが遅かったのですが、来年はもっと早くからHoly Basil ホーリーバジルを育てて必要としている何かの役に立てればいいな、と思います。というのも、室内栽培のHoly Basil ホーリーバジルたちがInsect Repellent Screen 虫よけネットをしてSunbathing 日光浴に出てもPests 害虫は付かないと今年の夏の経験で分ったので、今後は、屋外栽培のHoly Basil ホーリーバジルは必要としているものにShare 分け与えてもいいかも知れません Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon