金魚のブクブク入りHydroponics 水耕栽培をしているHoly Basil ホーリーバジルの花芽の花もそろそろ終わりっぽい 🌿🌸👋

屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てている(シソ科のバジル類は交雑しやすいのと、特にHoly Basil/Tulsi ホーリーバジル/トゥルシーは環境によって科学変種するChemo Type ケモタイプであることとで、バジル類は非常に種類が多い; シソ科のバジル類はSelf Pollination/Self Fertile 自家受粉であるにも拘らず、複数の種類のバジル類が同じ場所で育つことで、Butterflies 蝶々やBees 蜂の媒介でPollen 花粉が混ざり合ってしまい、新種が生まれる=純粋種/原種ではなくなってしまうことを防ぐために、Insect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てて本来の自家受粉に任せることでその種を純粋種/原種として維持/保存するという方法)Holy Basil ホーリーバジルのうちのOya Tulsi オオヤトゥルシーくんのSpikes 花穂を、少し前の気温がぐっと下がった時にLow Temperature 低温/Coldness 寒さからEvacuated 避難させ室内で金魚のブクブクを用いてのAiration エアレーションをしてのActive アクティブでのWater Culture 水耕栽培を行っていたSpikes 花穂に付いたFlowers がそろそろ終わりのようです Shooting Star Icon.gif

Flowers 花が終わりそうという事は、Seeds 種のHarvest 収穫(Holy Basil Seeds ホーリーバジルの種、中でもOya Tulsi Seeds オオヤトゥルシーの種Home Seed Raising 自家採種)がジワジワと近づいてきているということですね: 初めての経験になるので楽しみです Door Icon.gifRainbow Icon.gif

★ 11月21日:
屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているHoly Basil ホーリーバジルのうちのOya Tulsi オオヤトゥルシーくんからカットして、暖かい室内で金魚のブクブクを用いてのAiration エアレーションをしてのActive アクティブでのWater Culture 水耕栽培をしているSpikes 花穂

Holy Basil Tulsi Nov 21 2020 15 - Spikes of Outdoor Oya Tulsi in an Screen moved to indoor pot E

ここ数日、新しめの、小さい葉っぱの色が薄くなってきていました。福島のゆうこさん曰く、葉の色が薄くなってきたり、根元に近い方の葉が枯れてくるのは(☜ これは気温が下がってきてから屋外栽培のHoly Basil ホーリーバジルたちはみんな根元に近い葉から黄色っぽくなり落ちていきましたが、栄養不足だったのでしょうか?)、栄養が足りなくなっているサインなので、Fertilizer 肥料を与えるタイミングだということですので、いつもHydroponics 水耕栽培の水に混ぜている「Biogold バイオゴールドを水に溶かしたもの(バイオゴールドは水に溶かすと臭いませんが、そのままでは匂うので虫が寄って来そうなので、私は常に水に溶かして液肥として使っています Biogold Icon)」を、今までは少なめにしてきましたが、少し量を増やしてみました。「ここでFertilizer 肥料の量を抑え気味のままにしておけば、もしかしたらHoly Basil ホーリーバジル自身がその環境に合わせてくるかもしれない」とも思いましたが、今年はもうHoly Basil Season ホーリーバジルシーズンもほぼ終わりで、比較するにも、実験のやり直しをするにも、それに使うことのできるHoly Basil ホーリーバジルが、夏のようにカットしてもすぐに伸びてくるので豊かにあるという時期ではありませんので、その辺の実験はまた来年になりそうです。




【東急ハンズ】 バイオゴールド オリジナル 天然有機肥料 900g
有機肥料 肥料 観葉植物 芝生 バラ 芝 盆栽 園芸 家庭菜園 園芸用品 野菜
ガーデニング ガーデニング用品 鉢植え 地植え ハーブ 草花 樹木 花
天然 肥料・活力剤 庭木 ガーデン

ここから購入できます Kira Kira icon


ただちょっと不思議なのは、元からあった大きい葉っぱは、逆にGreen 緑色が深くなっているようだということ。写真では色が出ないので分りづらいですが、この写真で見るよりも元々あった大きな葉っぱたちは緑色が濃くなっています。この元々あった葉っぱもFading 色が薄くなってきているのなら、栄養が足りなくなってきていたり、太陽の光が足りなくなってきているのかとも考えるのですが、元からあるLeaves 葉っぱは緑が深まり、新しめであろう小さ目の葉っぱは緑色が薄くなっていっているというのは、何か別の意味があるのでしょうか?Thinking Face Icon.gif

まぁ、私はあれこれ「やってみたい」と思い立つとさっさと動いてしまうタイプなので、Holy Basil ホーリーバジルに関しても手を出し過ぎている傾向にあるので Grinning squinting face iconHoly Basil ホーリーバジルを育て始めた今年は、Holy Basil ホーリーバジルについて知りたい事が山ほどあるので、仕方がないとは思っていますし、直観的に動いてしまう自分の事も結構好きです Pink Cat Winking Icon.gif)、Biogold バイオゴールドを水に溶かしたものの量を少し増やしたところで、とりあえずは様子見をしてみようと思います Tea Time Relax Icon.gif

★ 11月21日:
屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているHoly Basil ホーリーバジルのうちのOya Tulsi オオヤトゥルシーくんからカットして、暖かい室内で金魚のブクブクを用いてのAiration エアレーションをしてのActive アクティブでのWater Culture 水耕栽培をしているSpikes 花穂

Holy Basil Tulsi Nov 21 2020 16 - Spikes of Outdoor Oya Tulsi in an Screen moved to indoor pot E

屋外で育ったOya Tulsi オオヤトゥルシーのSpikes 花穂をColdness 寒さが増した時期にカットしてきて室内に入れてから20日ちょっとが経ちますが、暖かい場所/気温が高めの場所に居る時間が長くなってきたせいと、あまりFertilizer 肥料に依存したくないという思いから肥料は少なめでやってきているせいもあってか、いよいよPurple 紫色分がなくなってきて先端の最後の方の花も殆どWhite 白みたいになってきました。この写真でも一番初めの方に咲いていた下の段の花のしおれたものと比べるとその色の差はよく分ります。

★ 11月2日:
遡ると、

Holy Basil Tulsi Nov 2 2020 25 - Spikes of Outdoor Oya Tulsi in an Screen moved to indoor pot E


★ 11月6日:
Purple 紫色の、

Holy Basil Tulsi Nov 6 2020 32 - Spikes of Outdoor Oya Tulsi Active Water Culture


★ 11月10日:
変遷が分ります

Holy Basil Tulsi Nov 10 2020 26 - Spikes of Outdoor Oya Tulsi Active Water Culture Color Fading

ただこの辺までは、(写真は色々な色に映りますが)Leaves 葉の色は室内に持ち込んだ時のまま全ての葉っぱがDeep Green 濃いめの緑色をしていたのです。今の時点では、上の方の小さ目の葉の色が薄いようなので、もしかしたらFading 退色したというより新しい葉なのかも知れません。

★ 11月21日:
屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているHoly Basil ホーリーバジルのうちのOya Tulsi オオヤトゥルシーくんからカットして、暖かい室内で金魚のブクブクを用いてのAiration エアレーションをしてのActive アクティブでのWater Culture 水耕栽培をしているSpikes 花穂

Holy Basil Tulsi Nov 21 2020 17 - Spikes of Outdoor Oya Tulsi in an Screen moved to indoor pot E

しかし色の薄いLeaves 葉が新しい葉だとしても、もうそろそろ「最後の花」かもしれないFlowers たちのPurple 紫色が殆ど残っていないのも、何かしら原因があると思うので、とりあえずは水に溶かしたBiogold バイオゴールドを増やしてみましたが、このOya Tulsi オオヤトゥルシーのSpikes 花穂で間に合わなければ、「多すぎず少なすぎずBiogold バイオゴールドを与えるSweet Spotのような地点」「Water Culture 水耕栽培Holy Basil ホーリーバジル/Oya Tulsi オオヤトゥルシーPurple 紫色を失わずに最後までFlowers を咲かせられる地点(これはAir Temperature 気温も関係しているかも知れないのでどの程度できるか分りませんが)」を探るための実験も来年に持ち越しです。Holy Basil ホーリーバジルについてのお勉強は始まったばかり、まだまだ続きます Note Memo Icon

このブログを8月の初めに始めてから夏はHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジルトゥルシー)のSeaason シーズンだったので忙しく世話をしたり、観察をしたり、実験をしたりの連続で忙しくしてきましたが、気温が下がってきて屋外栽培のHoly Basil ホーリーバジルもやがて終わりを迎えるでしょうし(ここ数日、気温が高かったにも拘わらず、屋外栽培のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーはRIGHT 右くんあたりがもう頭をしんなり下に向けていました Wilted Flower Icon.gif そんな姿を見ると、来年こそはもっと上手に育てて幸せにしてあげたいという思いもあり、そして今はHoly Basil ホーリーバジルを育てることが面白くて仕方がないので知りたい事も「やりたい」事も一杯で、もう来年のSoil をどうするかなどの「今考えても仕方のない」思考ばかりがうるさい時もありますがて、その都度「それはその時決めること」というフレーズを自分にRemindしています)、室内栽培のHoly Basil ホーリーバジルも夏よりは成長スピードがSlow Downしてくると思うので、少し時間ができるようであればまたHoly Basil ホーリーバジルを育て始めの頃のようにゆっくりとHoly Basil ホーリーバジルのお勉強が(本も読みかけですし)再開が出来るかも知れません。とは言え、まだ「やってみたい」事の為に室内栽培で準備しているHoly Basil ホーリーバジルのSeedlings 苗もありますので、バタバタと動き続けるのかも知れませんが ハハハ Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon