室内栽培でWintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんの葉っぱはやっぱりPurple 紫色だった 💜🎊

室内栽培でWintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くんの葉っぱはBrown-ish 茶色っぽく見えていて、Purple 紫色がかってきているのだろうとは思っていたのですが、いまいちLeaves 葉っぱが弱っているのかPurple 紫色なのか分かりづらかったのですが、やはりPurple 紫色がかっていたのだということが分りました Purple Flower


★ 10月1日:
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Oct 1 2020 25 - Krishna Tulsi 2gou Evening

Germination 発芽用Egg Case 卵ケースで発芽してから、その後Purple Leaves 紫色の葉っぱをつけた状態で、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢にSettled Planting 定植したのですが、定植先にAcidc Soil 酸性の土やら他にもAcidic 酸性のものが色々と混ざっていた為に、だんだんとFading 退色してしまい、一度は中央のStem 茎にのみPurple 紫色が残っていて葉っぱは全てGreen 緑色だった時期がありましたが、Soil Changing 土の入れ替えを2度行い、発芽用Egg Case 卵ケースと同じ状態(「ハンギングの土」と「赤玉」のブレンド: 以前にも書きましたが、どちらもAcidic Soil 酸性の土のようですが、鹿沼土ベースの「虫のわかない土」のAcidity 酸性度よりも低く、Alkaline アルカリ性により近いAcidic Soil 酸性の土だったようです)に戻した辺りから、Stem 茎のPurple 紫色も上へ上へと伸び始め、その後、Organic Lime Fertilizer 有機石灰やら、Homemade Beet Broth Fertilizerビーツの煮汁で作った肥料やら、Onion Peel Eggshell Used Black Tea Leaf Homemade Fertilizer 玉ねぎの皮と卵の殻と紅茶のお茶殻で作った肥料やら、Alkaline アルカリ性のものを用いてSoil 土をAlkalize アルカリ化していき、その頃から、室内栽培のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーたちは、徐々にStems 茎や、その先のLeaves 葉っぱに少しづつですが徐々にPurple 紫色を伸ばしてきています; 発芽用Egg Case 卵ケースからまだGreen 緑色のうちに早々に、Acidic 酸性のものが混ざっている鉢に定植されてしまい、生まれてからずっとGreen 緑色だった室内栽培のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんでさえ、今ではStem 茎がPurple 紫色になってきていますので、Purple 紫色がでていないKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーを育てていらっしゃる方がいらしたら、諦めずにSoil 土をAlkalize アルカリ化していってみて下さい アキラメナイデ

私も途中で、生まれてからずっとGreen 緑色だったKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんが、一度Green 緑色のままある程度大きくなってしまったら、Chemo Type ケモタイプで環境に合わせて科学変種すると言われるHoly Basil ホーリーバジル故に、もう変わってしまった状態で出来上がってしまうのか、それともPurple 紫色の遺伝子を持つ以上、ちゃんと条件が整えばPurple 紫色は出現するのか、疑問に思っていた時期がありましたが、Soil 土のAlikalize アルカリ化に伴って、Purple 紫色はちゃんと出現してきていますので、以前私が持っていた疑問に対する答えは、後者である「Purple 紫色の遺伝子を持っている以上、条件が整いさえすれば、Purple 紫色は出現する」なのだということが分りました Surprised Cat Icon.gif

★ 10月1日:
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Oct 1 2020 26 - Krishna Tulsi 2gou Leaves getting Purple Maybe Evening

上の方のLeaves 葉っぱの縁が黒っぽくなってきて、徐々にPurple 紫色が葉っぱにも広がってきたのではないかと思いました。窓越しのSunlight 太陽光の当たる角度によってIridescent 玉虫色のように全体がPurple 紫色っぽく見えた事もありました。しかしそれでも、パッと見て、特にずっとKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーを見てる人ではない人の目にも「Purple 紫色」に見えるほどでは、まだありません。ただ、完全にGreen 緑色だったLeaves 葉っぱの状態を見続けてきた私には、それがそれまでのGreen 緑色ではない、ということが分るという感じです Blink Icon.gif

★ 10月18日:
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Oct 18 2020 26 - Krishna Tulsi 2gou That was Purple as I thought

この一番下の方の葉っぱを10月1日の写真と比べるとこの10月18日の写真では随分とが赤っぽくなってきているのが分ると思います。最初にGreen 緑色ではなくなった葉っぱはこの葉っぱのように下の方の大きめの葉っぱなのですが、下の方の葉っぱにはGeren 緑色に赤みが差してきて(Purple 紫色の中の赤の部分が見えてくるので)、Brown-ish 茶色っぽく見えるようになるので、これが枯れかかっているのかPurple 紫色がかってきているのか分かりづらいと感じることもありましたが…

★ 10月18日:
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Oct 18 2020 25 - Krishna Tulsi 2gou That was Purple as I thought

一番下の方の大き目な葉っぱがある日突然、死にかけているのを発見しました。他の部分はSoil 土のAlikalize アルカリ化と共に元気が良くなりHoly Basil Season ホーリーバジルシーズンも終わりに近いAutumn 秋になったというのに(室内栽培ですので気温は温かいままなこともあり)成長スピードも増してきていた頃なので、これは多分、今残っているLeaves 葉っぱの中で一番古い葉っぱなので、一枚の葉っぱとしての役目を終え寿命を迎えた感じなのですが、元々あったGreen 緑色が抜けていったために、Purple 紫色だけが残った状態になっていました。そのお陰で、Brownish 茶色っぽく見えていたのは、やはりPurple 紫色がGreen 緑色に乗っていたからなのだとはっきりしました Clapping Cat Icon.gif

★ 10月25日:
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Oct 25 2020 22 - Krishna Tulsi 2gou Evening

10月は良く伸びました。10月1日の写真で、5組の葉っぱの段出来ていますが、この写真では9段くらいいなっているので、倍近く伸びた感じでしょうか。

Soil 土のAlikalize アルカリ化を始めて、2度目のSoil Changing 土の入れ替えを機にMenedael メネデール Menedael Icon をペットボトル下部の水に混ぜて与え始め、その後、室内栽培でWintering 越冬/冬越し中のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんが沢山のFlower Buds 花芽を付けていたことと、外の気温が下がって来たのに伴って何かNutrition 栄養になるものをとHyponex ハイポネックス微粉 Hyponex Micro Powder Bifun Icon.gif を与え(Soil 土が入っている鉢/Soil Culture 土耕栽培には非常に有効でした)、その後、Holy Basil ホーリーバジル(シソ科/バジル類)のLeaves 葉を固くしないためにFlower Buds 花芽を本体から切り離し、実験的にSeeds 種ができるまでを観察したいのもありWater Culture 水耕栽培を始めると、Holy Basil ホーリーバジルWater Culture 水耕栽培にはHyponex ハイポネックス微粉を使うとLeaves 葉やFlowers 花をダメにしてしまうことが分り、何か代わりにNutrition 栄養のあるものをと探してBiogold バイオゴールド Biogold Icon
に辿り着き、丁度その頃から外の気温がついに10℃を割るようになりましたが外のHoly Basil ホーリーバジルFlower Buds 花芽/Spikes 花穂を沢山付けていますので、Biogold バイオゴールをを水に溶かしたものを与えていましたが、やはりこの頃の成長は目覚ましいものがありました I must go Icon.gif

とは言え、Fertilizer 肥料については「Holy Basil ホーリーバジルの花芽と花穂のWater Culture 水耕栽培とFertilizer 肥料 🌿🛀☕」でも書きましたが、なるべく間隔を開けたり(依存しないように距離を取って)、様子を見ながら本当に必要な時に与えるようにするなどして、乱用しないようにしていく方向で行くつもりです(最終的には、自然農/自然栽培ができるといいなと思っていますが、自分のペースでゆっくりやっていきます)Pink Cat Winking Icon.gif

★ 10月25日:
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Oct 25 2020 22.5 - Krishna Tulsi 2gou Top Pinched Evening

という訳で、室内栽培でWintering 越冬/冬越し中のHoly Basil ホーリーバジル、中でも今期は未だFlower Buds 花芽を付けなかったKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーは10月の1か月でAutmun 秋なのにスクスクと上の方に良く伸びてくれましたが、そろそろ上にばかり1本ヒョロヒョロと伸びることは終わりにして、そろそろ横幅をGainするためにLateral Buds 脇芽にも伸びて欲しいので、この辺でTop Pinching 摘心をしようと思いました ✂

初めの頃はTop Pinching 摘心する際に、どうしてもそこまで頑張って伸びてくれたのにその芽を摘んでしまうことに何となく申し訳なさもありましたし、【Top Pinching 摘心することで上にばかりヒョロヒョロと伸びるのではなく、Bushy よく茂ってこんもりとしてくる】と解ってはいても、多少の躊躇はありましたが、この夏にTop Pinching 摘心してきた痕跡を見てみると、「こんな下の部分でTop Pinching 摘心したんだ」と驚くくらいに下の方で摘心していた事に気付き、それだけ今はそれとは比べ物にならないくらい上まで伸びているということで、Top Pinching 摘心した位置なんかよりもずっとずっと成長することを身を以って経験してきたので、今では純粋に、「そろそろ身長を伸ばすのは一旦止めていいから、Lateral Buds 脇芽を伸ばして横幅もしっかり付けて良い体格になって欲しい」と感じたら「上に伸びる力を一度止めて横に伸びる方(Lateral Buds 脇芽を伸ばして横幅を出す方)にその分の力を使ってもらう」為に、「Top Pinching 摘心をする」という感じに、躊躇せずにできるようになりました。

★ 11月3日:
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Nov 3 2020 9 - Krishna Tulsi 2gou Eveing

Top Pinching 摘心から1週間ちょっとで、こんなにもLateral Buds 脇芽が育っています。Top Pinching 摘心した頃は、よく見ないと見つけられないくらいのほんの小さなLeaves 葉っぱの「始まり」でしかなかったのに、です Surprised Icon.gif

★ 
Wintering 越冬/冬越し中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー2号くん(室内栽培、PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢、Hanging ハンギング)

Holy Basil Tulsi Nov 3 2020 10 - Krishna Tulsi 2gou Eveing

しかも、Top Pinching 摘心した時に小さな葉っぱの「始まり」でしかなかったLateral Buds 脇芽が立派に葉っぱとして成長しているその足元、メインのStem 茎との間に更なる新しいLateral Buds 脇芽が既に生まれてきています。Holy Basil ホーリーバジルのたった一本のSpikes 花穂の、たった一段、更にはたった一つのCalyx がくの中に既に自身の4倍のSeeds 種が創られるという有り得ない倍率でSeeds 種/Offspring 子孫を残すのも相当Treasure Box 宝箱感満載ですが、何もない場所から次から次へと新しいLateral Buds 脇芽が生まれてくるStem 茎とStem 茎の分かれ目も充分不思議なTreasure Box 宝箱みたいですよね Treasure Box Icon.gifKira Kira icon

中心のStem 茎が、Top Pinching 摘心した時と比べると、この1週間ちょっとで随分とまたPurple 紫色が濃くなり、しかも先端まで充分に行き届いているのが分ります(下の方がPurple 紫色は濃く、上の方の新しい茎は初めはGreen 緑色で伸びてきますが徐々にPurple 紫色になっていく感じなので)。

このTop Pinching 摘心した後にLateral Buds 脇芽が伸びてきた時の、まるで両手を挙げて「Yeah イェーイ Raising Hands Icon.gif」とやってるようなこの感じが好きです Holy Basil Tulsi Transparent 1 iconPurple Flapping Butterfly icon