Wintering 越冬/冬越し中の Indoor Holy Basil 室内栽培のホーリーバジル: 3月の途中経…

Wintering 越冬/冬越し中のIndoor Holy Basil 室内栽培のホーリーバジルのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーとOya Tulsi オオヤトゥルシーの2021年3月の時点での様子です。Air Conditioner エアコンを24/7点けっぱなしで室内のTemperature 気温は23℃~26度ほど(Holy Basil ホーリーバジルの栽培条件として最低温度とされている15℃を割る事は皆無)ですので、既に大きく育っている彼らにはHeat Mats ヒートマットは使用していません。11月~1月のFungus Gnat Control キノコバエ対策/コバエ対策に使用したアルコールや、Soil 土がAlkaline アルカリ性に傾きすぎた状態などによって繰り返しDamages ダメージを被ったにも拘わらず、Grow Lights 植物育成ライトの助けを借りて、3月もみんな元気でいてくれています ちなみに2月の様子は「Wintering 越冬/冬越し中の Indoor Holy Basil 室内栽培のホーリーバジル: 2月の途中経過 🌿🍵⛄」にあります。 「SINJIAlight 植物育成ライトLED 120w相当 暖色系 太陽のような光 フルスペクトル 180個LEDチップ E26口金 水耕栽培用ライト 室内栽培 家庭菜園 (2個)」 ここから購入できます  Wintering 越冬/冬越し中のHoly Basil ホーリ…

続きを読む

Holy Basil ホーリーバジルの為の肥料と土壌改良材そしてBeauty 美容とHealth Benefits…

Holy Basil ホーリーバジルには、Bacillus Natto 納豆菌、Lactic Acid Bacteria 乳酸菌、Yeast 酵母といった有用菌が豊富なLiquid Fertilizer 液肥/液体肥料やSoil Conditioner 土壌改良材となり、人間が使えばBeauty Benefits 美容効果やHealth Benefits 健康効果もあり、更には、Bath お風呂に入れても、Cleaning 掃除に使っても、Cleaning お掃除やBeauty 美容・Health 健康目的などにも便利に使えて、入浴剤のようにBathtub バスタブに入れたりDrainage 排水口に流しても河川の水質を浄化する作用まであるEHIME AI 2 えひめAI 2(読み方は、エヒメ アイ ニだそうです)を、材料は身近にあるものばかりなので早速、Culturing 培養して作ってみる事にしました 以前、PSB: Photosynthesis Bacteria 光合成細菌について調べている時に、Bacillus Natto 納豆菌やLactic Acid Bacteria 乳酸菌はPSB 光合成細菌と相性が良いとどこかで読んだのですが、その時は、具体的にどうしたらいいのか分からなかったので、とりあえず単体でCulturing PSB 光合成細菌の培養をしました。PSB 光合成細菌の培養がWinter time 冬季であったにも拘わらず、Heat Mat ヒートマットとGrow Li…

続きを読む

Wintering Krishna Tulsi 冬越し中のクリシュナトゥルシー: Flowers 花を咲かせるとL…

Wintering Holy Basil 越冬/冬越し中のホーリーバジルのうち、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんのFlower Buds 花芽だけ摘まずに、そのままFlowers 花を咲かせてみる事にしましたが、やはりバジル類はFlowers 花を咲かせるとLeaves 葉が固くなると言われているように、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんの葉も「目に見えて」Harden 固くなりました。しかし、どうやらLeaves 葉が固くなることにもInsect Repellent Effect 虫よけ効果があるようで、悪いことでもなさそうです ★ 3月11日: Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くん(2020年7月生まれ。一般的なPot 鉢。Hanging ハンギング。Soil 土はSuper Grade II スーパーグレード2。Wintering 越冬/冬越し中はGrow Lights 植物育成ライトと24/7点けっぱなしのAir Conditioner エアコンでの温度管理の下、完全室内栽培。Summer 夏場は日中だけ屋外でSunbathing 日光浴をして、夜は室内でGrow Lights 植物育成ライトを浴びている) 前回の記事ではまだ小さかったFlower Buds 花芽が、今ではそれぞれに結構大きなSpikes 花穂になってきました。 …

続きを読む

Holy Basil ホーリーバジルにAmino Acids アミノ酸を: Culturing PSB in Wi…

Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)にAmino Acids アミノ酸を与えたいと思って行きついたのはPSB: Photosynthesis Bacteria 光合成細菌。ある程度の温度(20℃~40℃)と太陽光(またはGrow Lights 植物育成ライトや白熱灯などの強めの光)がある場所で培養することができるPSB 光合成細菌ですが、Mid Winter 真冬にHoly Basil ホーリーバジルの為に設置してあるHeat Mat ヒートマットとGrow Lights 植物育成ライトを利用して、EBIOS エビオスをエサにして培養することができました。2週間の培養の後、培養に成功してDeep Red 深い赤になったPSB 光合成細菌の入ったボトルに、新たにエサを加えてから冷暗所に移して増殖をSlow Down スローダウンさせた状態で保管しています。 Winter PSB Culturing 冬のPSB培養や、PSB 光合成細菌をPlants 植物に対してGardening ガーデニング(園芸・農業)目的で使用するBenefits 効果などについての詳細は、以前の記事「Holy Basil ホーリーバジルにAmino Acids アミノ酸を与えたいと思ったらEBIOS エビオスとPSB 光合成細菌(Winter Culturing 冬の培養)に行きついた💖」を参照してください 「LS Hyindoor 10"x20.75" ヒートマット …

続きを読む

Mid Winter Seeding 真冬に種まきをしたHoly Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥ…

2020年12月と2021年1月にSeeding 種まきをしたHoly Basil ホーリーバジルのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーとOya Tulsi オオヤトゥルシーが(Heat Mat ヒートマットとGrow Lights 植物育成ライトを使っています)、Insect Repellent Screen 虫よけネットを被せているケースの高さに届いてしまい虫よけネットに頭をぶつけるようになったので、Top Pinching 摘心することにしました。屋外がHoly Basil ホーリーバジルの栽培適正温度(気温が15℃を下回らなくなる頃)で安定するのをCoco Peat Substrate Board ピートバンの中で待っています。 こちらのMid Winter 真冬生まれの小さなHoly Basil ホーリーバジルのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーとOya Tulsi オオヤトゥルシーと、加えて、NOT Holy Basil ホーリーバジルではありませんがKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーやOya Tulsi オオヤトゥルシー同様またしても私の好きな「Purple 紫色」を特徴に持つDark Opal Basil ダークオパールバジルのSeeding 種まきから現在までの様子は:  「Holy Basil Mid Winter Seeding ホーリーバジル真冬の種まき: Heat Mats ヒートマットとCoco Peat Substr…

続きを読む

Hydroponic Hoy Basil 水耕栽培のホーリーバジル:Sponges スポンジの白いモフモフや黒いカ…

Hydroponics/Water Culture 水耕栽培のHoly Basil ホーリーバジルやDark Opal Basil ダークオパールバジルのSponges スポンジに、White Fuzz 白いモフモフが生えていたり、Black Mold/Fungus 黒いカビのような汚れが浸み込んでいたり、Algae 藻のようなものが付いていたりした際に、初めはSponges スポンジを新しい物に換えていたのですが、Sponges スポンジには既にRoots 根が入り込んでいたりするのでその度にPlants 植物を痛めつけるのが心苦しいと感じていました。Fungus 菌類は奥の方に根を張るので、洗ったくらいでは完全に取り除くことはできませんし(目には見えない状態で残ることもできますし)、空気中にも存在しているので繰り返すことにはなりますが、とりあえずはRunning Water 流水で洗うと落とせることが分り、Sponges スポンジを頻繁に取り換える必要がなくなりました ★ 2月17日: Hydroponics/Water Culture 水耕栽培のDark Opal Basil ダークオパールバジル(2021年1月生まれ。Seeding 種まきから41日目。現在、水耕栽培に必要なFertilizer 肥料はHyponica ハイポニカを使用 No Heat Mat ヒートマットなどは使用しておらず、明け方の一番寒い時間帯でもなるべく20℃以上を保つようにRoom Temperatu…

続きを読む

Wintering 越冬/冬越し中のHoly Basil ホーリーバジル:Oya Tulsi オオヤトゥルシーのi…

Wintering 越冬/冬越し中であるIndoor Holy Basil 室内栽培のホーリーバジルのOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんが、Stevia ステビアのパウダーとBamboo Compost 竹堆肥をWinter Manure 寒肥として与えて以降、再びits feature その特徴であるPurple Dots 紫色の斑点を葉の裏にいっぱい出現させ始めました。Holy Basil (Tulsi) ホーリーバジル(トゥルシー)の特徴であるPurple 紫色は、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーも含めて、Soil 土のPhや、Nutrition 栄養や、Sunlight 太陽光や、Temperature 気温などの様々な条件によってAppears 出現したりDisappears 消えたり、またDeepens 濃くなったりFades 薄くなったりもするので、Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのPurple 紫色の復活は嬉しかったです 🌿💜 ★ 2月24日: Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(2020年7月生まれ。PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。Indoor Holy Basil 室内栽培。Summer 夏場には日中は屋外でSunbathing 日光浴をする。Wintering 越冬/冬越し中 ) 2月24日に、Top Pinching 摘心 &…

続きを読む

Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くん「枯れ木に花を咲かせましょう」:奇跡的な復活からのFlow…

Fungus Gnat Control キノコバエ対策/コバエ対策で去年2020年11月に使ったAlcohol アルコールによって受けたHuge Damage 大ダメージで一時は枯れ木のようになってしまった室内で越冬中のKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くん。それでも生きようとしているHoly Basil ホーリーバジルを見て浮かんできた言葉は「枯れ木に花を咲かせましょう」でした。Oya Tulsi オオヤトゥルシー1号くんは復活することができませんでしたが、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんは静かにゆっくりと回復してくれて、ついに、Our First Krishna Tulsi Flowers うちで初めてのクリシュナトゥルシーの花を咲かせてくれました アリガトウ! 以前の記事、「Holy Basil ホーリーバジルのSoil 土にStevia ステビアとBamboo Compost 竹堆肥でSoil Conditioning 土壌改良&Winter Manure 寒肥を試してみる 🍵✨⛄」より ★ 1月18日(2021): Krishna Tulsi クリシュナトゥルシー1号くんが枯れ木のようになっていた時の写真(過去記事から) Alcohol アルコールによるDamage ダメージが大きく、メインのStem 茎からPurple 紫色が消えすっかり木質化して固くなり、負担を減らす為にY字に伸びていた部分をCutting B…

続きを読む