Fungus Gnats Control キノコバエ(コバエ)復活: アルコールスプレーと無機物の土、そして新しい…

Fungus Gnats Control キノコバエ対策(コバエ対策)として、前回、Fungus Gnats キノコバエ(またはコバエ。ちなみに、コバエという言葉は比較的新しい言葉だと感じています - 私が子供の頃は小さいハエと言ったらショウジョウバエでしたが、その後、海外生活などを経て十数年ぶりにHomeに戻ってきたら、「コバエ」という言葉が当たり前に使われていた、という感じでした。今回改めてキノコバエ対策で色々調べていて判ったのは、コバエとは、コバエという虫がいるわけではなく、キノコバエ、チョウバエ、ショウジョウバエ、ノミバエなどの小さいハエの総称であるということです)に卵を産まれている可能性のある表面の土を捨てて新しい土に換えることと殺菌効果や害虫忌避効果を持つHoly Basil ホーリーバジルの茶葉を土の表面に厚めに敷き詰めることをIndoor Holy Basil 室内栽培のホーリーバジルの全ての鉢にしましたが、その時は劇的な効果が見え一発解決したかのように見えましたが、そこには見落としが幾つかあり、数日後にキノコバエに復活されてしまいました。そこで今回は、Humakilla Anti Bacterial Alcohol Spray for Kitchen フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーと、鉢の中の土を、主にInorganic Soil 無機物なもので出来ている土に換えるという対策をしました。今はキノコバエは居なくなりましたが、新たなPesticide/Fungus Gn…

続きを読む

12月中旬のOutdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジル、Insect Repellent Sc…

12月中旬で最低気温が10℃を割る日が続いているにも拘わらず、Outdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジル、Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育っているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんは、まだ新しいつぼみを付けて頑張っています(現在は、多くのFlower Buds 花芽、Spikes 花穂、Flowers 花、Leaves 葉、Stems 茎をHarvest 収穫した後で、Home Seed Raising 自家採種=種を採る為に1本だけ、一番最初にFlower Bud 花芽が出てSpike 花穂になった部分を、Photosynthesis 光合成の為に必要最小限必要であろうLeaves 葉っぱと共に残してある状態です)。 ★ 11月20日: Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育っているOya Tulsi オオヤトゥルシーくん この頃は既にLow Temperature 気温が低くなり下の方のLeaves 葉は黄色くなったり、更にはBlack Spots 黒い斑点が出たりして落ちていっているものも出てきたので、全てがそうなってしまう前にと急遽11月20日にHarvest 収穫をして、Homemade Holy …

続きを読む

Gorgeous Smell Homemade Holy Basil Tea とっても良い香りの手作りホーリーバジ…

先日収穫した、Outdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジルのうちの、Oya Tulsi オオヤトゥルシーを約10日かけて低温でしっかりと乾燥させたら色鮮やかなDried Holy Basil (Dried Tulsi) 乾燥ホーリーバジル(乾燥トゥルシー)ができました。それをカットしてHomemade Holy Basil Tea 手作りホーリーバジル茶を作っていたら、Oya Tulsi オオヤトゥルシーのFragrance 良い香りが立ち上ってきました。思いがけず、念願の「良い香りのするOya Tulsi Tea オオヤトゥルシーティー」が出来上がりました ★ 12月1日: Outdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジルのうちの、Oya Tulsi オオヤトゥルシーを11月20日に収穫しColeman コールマンのHanging Dry Net ハンギングドライネットでDrying 乾燥させているもの(Day 12 12日目)。 Harvest 収穫と、Drying 乾燥のやり方などについては、「Outdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジル Oya Tulsi オオヤトゥルシーをHarvest 収穫してDrying 乾燥 ✂🌿🍃🍝🍵⛄」で書きました。あの後は結局、Fan 扇風機の前にHanging Dry Net ハンギングドライネットを吊るしたまま、風を当てながら室内で乾燥させていました 🍃 「コ…

続きを読む