気温の下がる屋外のHoly Basil ホーリーバジルのSpikes 花穂を室内に避難させてWater Cultu…

最低気温が10℃を割り始めたので、念のために屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんのSpikes 花穂が付いた茎を1本だけカットして、室内でのWater Culture 水耕栽培に切り替えて、外のColdness 寒さから救済してみました。残りの花穂は、最も立派に育っている一番高い位置にあるSpike 花穂を含めてこのままNature 自然の流れに任せてみようと思います ★ 10月30日: 屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんからいくつかSpikes 花穂の付いているStem 茎を1本だけカットして、外のLow Temperature 低い気温から守るために室内に避難させ、Seeds 種ができるまでWater Culture 水耕栽培をすることにしました。 前回、室内栽培のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのFlower Buds 花芽/Spikes 花穂を、本体の葉が固くならないようにカットして切り離してSeeds 種ができるまではとWater Culture 水耕栽培に切り替えた際に、Flowers 花を咲か…

続きを読む

Outdoor Holy Basil Oya Tulsi 屋外栽培のホーリーバジル オオヤトゥルシーのFlower…

屋外栽培のHoly Basil ホーリーバジルのうち、Preservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんのFlowers 花がついに咲きました。つぼみも沢山付いて膨らんできています。ついに最低気温が10℃を割る日がやってきますが、折角1か月弱かけてじっくりと立派なSpikes 花穂を形成してくれたのですから、最後の花まで咲かさせてあげたいです ★ 10月28日: 屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんの最初のFlowers 花が咲きました。 Holy Basil Flowers ホーリーバジルの花がそうなのか、Oya Tulsi Flowers オオヤトゥルシーの花がそうなのか、まだうちではKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーの花が咲いていないので何とも言えませんが、Oya Tulsi オオヤトゥルシーの場合、一番最初の花が咲く時には一つ咲いたその対角線上の反対側の花も同時に咲くので、2つのFlowers 花が「一番最初の花」となります。一段目(Spike 花穂の一番下)の開花時は目立つのでそれに気付くことは容易なのですが、1本のSp…

続きを読む

Outdoor Holy Basil Oya Tulsi 屋外栽培のホーリーバジル オオヤトゥルシーは皆でFlow…

10月も終わりが近く、特に夜や明け方には10℃近いLow Temperature 気温が低い日が続くようになり、Outdoor Holy Basil 屋外栽培のホーリーバジルにとっては条件が厳しくなっています。条件や環境が厳しくなると、急いでSeeds/Offspring 種/子孫を残そうとしてFlower Buds 花芽を出し、Flowers 花を咲かせ、Seeds 種を付けようとする性質のあるHoly Basil ホーリーバジル。中でも日本で栽培しやすいように品種改良されたOya Tulsi オオヤトゥルシーたちは皆揃って、今、最後の力を振り絞ってFinale フィナーレに向けてFlowers 花、そしてSeeds 種を付けるその時を目指しています ★ 10月1日: 屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネット/防虫ネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくん。 一番高い所が一番最初に、念願のFlower Bud 花芽を付けました。まだ小さくて分りづらいかも知れませんが、育てているとこれは今までの2枚一組のLeaves 葉っぱの「始まり」・新芽とは違うとすぐに分りますよ 「【細かい目合いで小さな虫もシャットアウト】 【無農薬・低農薬の強い味方】 【実り野菜の虫よけカバー ファスナー付】 【鉢・露地用】 【周囲1…

続きを読む

Our Very First Holy Basil Flowers started to go to seed う…

PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢で室内でWintering 越冬/冬越し中のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんから切り離されWater Culture 水耕栽培中のFlower Buds 花芽/Spikes 花穂に、10月22日の夜中にうちで初めてのHoly Basil Flowers ホーリーバジルの花が咲きましたが、それから4日後の10月26日の夜、まだ生産され始めたばかりのようでWhite 白い色をしていますがうちで初めてのHoly Basil Seeds ホーリーバジルの種が出来始めていました ★ 10月26日: 今日も綺麗に4本目のSpikes 花穂までちゃんとFlowers 花が咲いているなぁ、とWater Culture 水耕栽培中のFlower Buds 花芽/Spikes 花穂の写真を撮りに行ったら 初めに花を付けた短い方の2本は、もう1段目の花が全部散ってしまったFlower Bud 花芽/Spike 花穂もあります。Flowers 花が落ちてしまったと言えば、次はSeeds 種が出来始めるということなのですが、屋外栽培のPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシーくんは今大きく立派なSpikes 花穂を付けていますが、数日後には最低気温…

続きを読む

Flowers of Indoor Holy Basil Oya Tulsi 2gou 室内栽培のホーリーバジル …

室内のPET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢で栽培している、Wintering 越冬/冬越し中の、Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのFlowers 花をよく観察してみました。とても小さくて肉眼では何がどうなっているのかあまり良く見えないので、カメラで写真を撮って拡大して観察してみました ★ 10月25日: Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。室内栽培でWintering 越冬/冬越しに挑戦中)を背景に、Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん本体のLeaves 葉っぱが固くならないようにと、とりあえず本体から切り離され現在Water Culture 水耕栽培中のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのFlower Buds 花芽/Spikes 花穂で咲いているHoly Basil Flowers (Tulsi Flowers) ホーリーバジルの花(トゥルシーの花)。 ちゃんと4本のSpikes 花穂全てでFlowers 花が咲いてくれています。今もだんだん上の方へ花が咲き広がっていっています ★ 10月25日: Holy Basil ホーリーバジル、Oya Tulsi Flowers オオヤトゥルシーの花(第1弾のすぐ後に付いた第2弾のFlower Buds 花芽の所為か、第1弾のF…

続きを読む

Outdoor Krishna Tulsi 屋外栽培のクリシュナトゥルシー、10月下旬の気温にそろそろFinale…

屋外栽培のHoly Basil ホーリーバジルのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーがいよいよLow Temperature 気温の低下によって弱ってきたようです。日本で栽培しやすいように品種改良されたOya Tulsi オオヤトゥルシーと違い、Krishna Tulsi クリシュナトゥルシーは原産国のIndia インドの風土で育つようにできている品種であるためOya Tulsi オオヤトゥルシーよりもHigh Temperature 高い気温とSunlight 太陽光が大好きです。そのため、この所の気温の低下によりOya Tulsi オオヤトゥルシーよりも先にフィナーレを迎えてしまっているようです 10月17日の日中でも12℃という寒い日に「今日も、元気」といつもと変わらぬ姿で上を向いていてくれたKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー3兄弟のLEFT 左くん、CENTER 真ん中くん、RIGHT 右くん。そのうちのKrishna Tulsi クリシュナトゥルシーCENTER 真ん中くん(クリシュナ3兄弟の中で唯一、種からずっとOutdoor 屋外で育ち、クリシュナ3兄弟の中で最も背が高い)に、ある日突然異変が起こりました ★ 10月19日: 実は、Aloe Vera アロエベラのプランターで育っているKrishna Tulsi クリシュナトゥルシー3兄弟のうちの、CENTER 真ん中くん以外の、LEFT 左くんとRIGHT くんは、Stem 茎に薄っすらと…

続きを読む

Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのWintering 越冬/冬越しのためのCutting Back 切…

PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢で室内栽培中のHoly Basil ホーリーバジルのOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのFlower Buds 花芽/Spikes 花穂を(Leaves 葉を固くしないために)全て摘み取り、ついでにWintering 越冬/冬越しの為に軽くですがCutting Back 切り戻しをしてサイズダウンしました ✂ ★ 10月20日: Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くん(PET bottle Self Watering Pot ペットボトル自動給水鉢。Hanging ハンギング。室内栽培でWintering 越冬/冬越しに挑戦中)、Flower Buds 花芽をカットする前(2020年のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんの最大値) Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんは室内栽培のHoly Basil ホーリーバジルの中で一番大きく、屋外栽培でPreservation of the original species 原種の保存の為にInsect Repellent Screen 虫よけネットの中で育てているOya Tulsi オオヤトゥルシー(a.k.a. Sku High Holy Basil スカイハイホーリーバジル)くんにはHeight 身長は敵いませんし、Size of Leaves 葉の大きさで言えばスカイハイ ホーリーバジルの方が断然大きいですが、Bu…

続きを読む

Our Very First Holy Basil Flower is in Blossomうちで初めてのホーリー…

室内栽培でWintering 越冬/冬越しに挑戦中のHoly Basil ホーリーバジルのOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんの蕾が膨らんできたFlower Buds 花芽を、そのまま付けたままにしておくと葉が固くなるので、カットして本体から切り離し、カットしたFlower Buds 花芽をWater Culture 水耕栽培(水栽培)に切り替えてSeeds 種ができるか実験中ですが、Our Very First Holy Basil Flower うちで初めての一番最初のホーリーバジルの花が咲きました ★ 10月22日: Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのLeaves 葉っぱが固くならないようにと、とりあえず本体から切り離され現在Water Culture 水耕栽培中のOya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんのFlower Buds 花芽/Spikes 花穂で咲いているHoly Basil Flowers (Tulsi Flowers) ホーリーバジルの花(トゥルシーの花) 普通、Holy Basil Flowers ホーリーバジルの花は一日のうちの何時くらいに咲くものなのか分からないのですが、Oya Tulsi オオヤトゥルシー2号くんの場合は現在室内栽培で、昼間は窓際でSunlight 太陽光を浴び、夕方から翌朝まではGrow Lights 植物育成ライトの「小さな太陽」を浴びているので、室内栽培のHoly Basil ホーリーバジルたちにとっ…

続きを読む